日本IBM、OpenStackを活用してハイブリッド・クラウド構築を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、OpenStackを活用してハイブリッド・クラウド構築を支援


掲載日:2015/03/23


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、企業内のプライベート・クラウドと同社の「SoftLayer」のようなパブリック・クラウドを連携させるハイブリッド・クラウドの構築を支援するため、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」を活用して業務アプリケーションやデータの統合管理と可搬性向上を図る「OpenStack構築支援サービス」を発表した。

 「OpenStack構築支援サービス」では、仮想化環境の管理を簡素化するソフトウェア「IBM Cloud Manager with OpenStack」を導入し、ハイブリッド・クラウド環境を構築する。同ソフトウェアの「V4.2」は、異機種混合のサーバー環境(z/VM、Power Virtualization Center、PowerKVM、KVM、VMware、Microsoft Hyper-V)の何千ものイメージを単一のユーザ・インターフェースで管理でき、同梱される「IBM Platform Resource Scheduler」によるポリシー・ベースの自動的なリソース管理でITインフラの効率的な運用が可能になる。

 また、プライベート・クラウドとパブリック・クラウドで利用しているCPU/ディスク/ネットワークといったリソースを、同一の画面で統合管理できる。これにより、ITガバナンスの向上やITサービスの見える化を図れ、サービス向上につなげられ、企業のITとして全体最適を図りやすくなる。システム管理者の運用負担も軽減できる。更に、業務アプリケーションやデータの可搬性が向上し、データのやりとりなどが可能になる。これにより、パブリック・クラウドで小さく始めた業務をプライベート・クラウドに本格展開したい場合や、プライベート・クラウドで稼働している業務のピーク時の負担軽減やバックアップでパブリック・クラウドを活用したい場合などにも、移行が容易になる。

 価格は1500万円から、構築期間は3ヵ月から。


出荷日・発売日 −−−
価格 1500万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060961


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ