ソフトバンク、サイジニアの株式を取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンク、サイジニアの株式を取得


掲載日:2015/03/23


News

 ソフトバンク株式会社は、サイジニア株式会社の株主であるDCM V,L.P.及びDCM AFFILIATES FUND V,L.P.からサイジニアの株式を取得することを決定し、3月13日付で取得したと発表した。

 今回の取引は、金融商品取引法第167条第1項及び金融商品取引法施行令第31条に定める“公開買付けに準ずる行為として政令で定める買集め行為”に該当するため、下記のとおり公表するという。

 証券コードは6031(東証マザーズ)、銘柄名はサイジニア株式会社、取得株式数は41万6813株、総株主の議決権数に対する割合は20.47%だとしている。

 なお、同取引後のサイジニアに対するソフトバンクの議決権所有割合は33.21%(間接所有含む)になるという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 【NetMotion Software】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 Windows操作ロボット 「WinActor」 【NTTデータビジネスブレインズ】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】
ネットワーク管理 その他開発関連 その他開発関連 その他PCソフト関連 会計システム
ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? さまざまなアプリケーションを自動化可能な純国産RPAツール。ユーザー部門でも直感的に操作が可能なGUIを装備。コンパクト設計でスモールスタートにも最適。 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060947



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ