EMCジャパン、ビジネス データレイクの基盤になる製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、ビジネス データレイクの基盤になる製品を提供


掲載日:2015/03/19


News

 EMCジャパン株式会社は、Data Lake Foundation(データレイク基盤)をサポートし、従来比2.5倍の容量の「EMC Isilon HD400」や、Hadoopの新バージョンのプロトコルをサポートする「OneFS 7.2」オペレーティング システムなどの提供を開始した。価格は個別見積。

 データレイク基盤は、ビジネス データレイク ソリューションの基盤になるストレージ インフラストラクチャで、データ・アプリケーション・アナリティクスを統合し、様々な場所でアナリティクスを提供できる。「EMC Isilon」や「EMC ECS(Elastic Cloud Storage)」などの製品を通じて、個別最適化されたストレージを減少させる支援に加え、シンプルにデータを格納・管理する手段が提供されることで、ユーザは、データからより多くの知見と価値を引き出すことに集中できる。

 「Isilon」は、エンタープライズ規模でファイル ベースのデータレイク基盤を提供し、既存のアプリケーションと次世代アプリケーションの両方をサポートする。「ECS」は、次世代アプリケーションの基盤になるオブジェクトベースのストレージ データレイク基盤を提供する。「Isilon」は、パフォーマンスと容量の適切なバランスでアナリティクスをサポートするほか、「ECS」は、地理的に分散された大容量アナリティクスを提供する。これらの機能を活用することで、現在そして今後生成される非構造化データを格納でき、セキュリティ環境で保護、管理しながら分析するための環境をユーザに提供する。

 今回提供される「Isilon HD400」プラットフォームは、容量が従来の2.5倍に増加したことで、シングル クラスタ内でデータレイク基盤を50PBにまで拡張できるほか、ラックあたり3.2PBという超高密度を達成していて、電力や冷却、データセンターの床面積などを含む運用コストも最大半分にまで削減できる。

 「OneFS 7.2」では、HDFS 2.3とHDFS 2.4を含むHadoopの新バージョンのプロトコルをサポートし、ユーザがより短時間で知見を得ることをサポートする。また、OpenStack Swiftのサポートが開始されることで、非構造化データでも急増しているファイルとオブジェクトの両方をサポートできる。

 これらにより、相互に連携のない個別最適化されたストレージを解消でき、管理が簡素化される上、ストレージの利用効率向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは? 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 【日商エレクトロニクス】 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? 製品選び4つポイント 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは? SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? ストレージ選びの「4つポイント」

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060910


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ