伊藤忠ケーブルシステム、報映産業の全発行済株式の取得に合意

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


伊藤忠ケーブルシステム、報映産業の全発行済株式の取得に合意


掲載日:2015/03/19


News

 伊藤忠ケーブルシステム株式会社は、報映産業株式会社の全発行済株式を長瀬産業株式会社から取得することに合意したと発表した。

 報映産業は、2014年に創業40周年を迎えた映像・音響事業を中心とする企業。東京本社のほか、国内に4ヵ所の営業所を持ち、放送局向けの映像用テープに加え、国内外の機器を中心とした映像・音響関連のシステム販売、スタジオ設計、各種システム設計を提供している。

 一方、伊藤忠ケーブルシステムは映像及び通信の関連事業を展開するシステムインテグレータ。国内外の機器を中心とした設計から施工、保守メンテナンスまで一貫して対応できる体制を持ち、特に放送分野での業績を伸ばしてきたことから、放送局分野でのビジネスの拡大を会社の重点施策に位置づけているという。

 今回の報映産業の子会社化により、報映産業の全国の放送局や様々な顧客に対し、伊藤忠ケーブルシステムの機器・システムを紹介し報映産業の業容の拡大を目指し、伊藤忠グループとして映像・音響分野のシステムインテグレータ事業の強化を図ると述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Windows 10移行に関するアンケート 【デル】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 自社に適したものがきっとある “つながる”ための選択肢とは 【ポリコムジャパン】 急成長のクラウド型「財務・リスク管理ツール」市場、ベンダー選びのポイントは 【キリバ・ジャパン】 財務責任者への調査で分かった、取締役会がCFOに不満を感じる6つの分野 【キリバ・ジャパン】
ノートパソコン ワークフロー 電話会議 会計システム 会計システム
Windows 10移行に関するアンケート◆最新2-in-1とギフト券が抽選で当たる 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 コラボレーションツールの選択肢は増えているが、会議の規模に応じた使い分けが必要になると利便性が低くなる。利便性を高めるために企業は何ができるだろうか。 急成長のクラウド型「財務・リスク管理ツール」市場、ベンダー選びのポイントは 財務責任者への調査で分かった、取締役会がCFOに不満を感じる6つの分野
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060901



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ