NEC、物流過程の見える化ソフトウェアを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、物流過程の見える化ソフトウェアを出荷


掲載日:2015/03/17


News

 日本電気株式会社(NEC)は、輸送中貨物の現在ステータス(位置や在庫情報)の確認や物流オーダーの一元管理が可能なソフトウェア「Logistics Visualization System」の出荷を4月(予定)に開始する。

 「Logistics Visualization System」では、“INVOICE番号”や“オーダー番号”など、物流に関わる各事業者(荷主・運送業者・通関業者など)が個別に付与する貨物の管理番号を相互に紐づけられ、どの管理番号で検索しても輸送中貨物の現在ステータスを把握できる。また、輸送オーダー受付、倉庫・コンテナ・在庫、請求・支払などを一元的に管理する機能や、関連事業者の入札、ルート・料金シミュレーション、スマートデバイス連携などの機能も付加できる。

 なお同製品は、アジアを中心としたエリアに販売され、グローバル保守にも対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060860


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ