NextIT、インターネット脅威情報とマルウエアレポジトリを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NextIT、インターネット脅威情報とマルウエアレポジトリを出荷


掲載日:2015/03/13


News

 ネクスト・イット株式会社(NextIT)は、製品の脅威検知性能の評価・強化を考えているセキュリティベンダや、既存のWebフィルタリングアプライアンスに新しいURLブラックリストを適用したい企業、ゼロデイ攻撃や標的型攻撃への対策を考慮している企業、マルウエアを研究するための検体を求めているマルウエアアナリスト、SIEMに新しい脅威情報を補完したい企業向けに、米ThreatTrackSecurityの包括的なサイバー脅威情報サービス「ThreatIQ」の出荷を開始した。

 「ThreatIQ」では、悪意のあるURLやIPアドレス、マルウエアの実ファイルなどのサイバー情報を、ユーザに毎日提供する。ThreatTrackSecurityのノウハウを活用して得られるマルウエア解析結果と、様々なセキュリティベンダとの連携で収集される様々なサイバー脅威情報を利用できる。

 マルウエアへの直接リンクの一覧“HTTPブロックフィード”や、マルウエアのネットワーク通信ログから得られる通信先URLやIPの一覧“HTTPアラートフィード”、フィッシングサイトの一覧“フィッシングフィード”、マルウエア検体のふるまいを記述したXMLファイルの“XMLフィード”、アドウェア/スパイウェア/広告を配信するドメインの一覧の“ボーダーパトロールフィード”、マルウエア解析で確認されたネットワークトラフィックと通信パケットの“ネットワークフィード”、ThreatTrackSecurityのレポジトリに集約された“マルウエア検体”のデータが提供される。

 提供されるデータは、ファイアウォールやIDS/IPS(侵入検知/防御システム)、ゲートウェイ、メールセキュリティなどの防御システムに適用することで新しい脅威に対抗できる。また、セキュリティベンダが開発する製品に対して、同サービスのフィードを利用することで、リアルタイムで検知能力の強化を図れるほか、製品開発段階での性能評価などにも利用できる。マルウエア研究を行なうための情報源としても活用でき、様々な用途に利用できる。なお、毎日新規に追加されるマルウエア数は、1日あたり2万件程度で、マルウエアレポジトリ規模は既に20TBを超えている。

 利用が自社内に限られる「社内用」と、社外サービス用の「社外用」の2種類のライセンスが用意されていて、価格は、「社内用」が390万円、「社外用」が別途見積。全ライセンスで単年または複数年のサブスクリプションが用意されている。


出荷日・発売日 2015年3月12日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 感染前提のマルウェア対策、VDIの次の仮想化セキュリティは? 【ヴイエムウェア】 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 「VDI+セキュリティ製品」でも防御は不完全……何が足りない? なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060830


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ