ソースネクスト、文字認識精度が向上したPDF作成ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソースネクスト、文字認識精度が向上したPDF作成ソフトを発売


掲載日:2015/03/12


News

 ソースネクスト株式会社は、PDF作成ソフト「いきなりPDF fromスキャナ3」を発売した。価格は1980円。

 「いきなりPDF fromスキャナ3」は、紙原稿をスキャナで読み込み、PDFを作成するソフト。OCR技術を利用することで、文字を画像ではなくテキストとして認識できるため、文章のコピーや文字検索を行なえる。パナソニックの新エンジンを搭載し、前バージョンに比べ文字認識精度が向上している。

 FAX文書・コピー文書などに見られる、かすれ文字や下線付き文字の認識精度が向上している。Windows 8/8.1のスタートパネルに対応し、インターフェースも一新され、使い勝手が向上している。

 原稿に合わせられる7つのスキャンモード“標準(カラー)、メール添付用(カラー)、文書(グレースケール)、雑誌(カラー)、写真(カラー)、新聞(白黒)、連続読込(カラー)”を搭載し、よく使用する設定を保存することで、オリジナルのスキャンモードも作成できる。また、画像の傾きも自動補正でき、原稿スキャン時の解像度も指定できる。

 連続スキャンに対応し、複数枚の原稿を1枚のPDFにできる(ADFスキャナ対応)。スキャン枚数や間隔は自由に設定できるため、自身のペースで原稿差し替え・スキャンを行なえる。また、連続スキャニングを行なえる、PFUのドキュメントスキャナ「ScanSnap」やTWAIN対応スキャナ複合機で使用できるほか、紙原稿に加え、画像内の文字も認識できる。

 ファイル名を自動生成でき、保存日時をファイル名にできるほか、文字列+連番を使用することで、任意の文字列にナンバリングしたファイル名にできる。実行時に入力することで好きな名前をつけることもできる。また、アルファベット、数字、記号、カタカナの全角/半角を読み取り時に一括して変換でき、自動判別、全角、半角の3種類から選択できる。


出荷日・発売日 2015年3月11日 発売
価格 1980円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PDFソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PDFソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「PDFソフト」関連の製品

秘訣はPDFにあった――自社のコンテンツ制作、煩雑な業務フローから脱する方法 【アドビ システムズ】 PDF帳票生成エンジン SVF for PDF 【ウイングアーク1st】 高機能PDFソフトウェア 「Foxit PhantomPDF」 【FoxitJapan】 「Acrobat XI」は2017年10月でサポート終了――最適なアップグレードは? 【アドビ システムズ】 重要文書の改ざんを防ぎ、情報公開をコントロールするためのPDF活用術 【アドビ システムズ】
PDFソフト PDFソフト PDFソフト PDFソフト PDFソフト
秘訣はPDFにあった――自社のコンテンツ制作、煩雑な業務フローから脱する方法 日本固有の緻密な帳票を生成するPDFエンジン。高精細かつピーク時の同多重アクセスへの対応により、バーコードや画像の貼付けなどハイグレードなPDFの活用・効率化を支援。 PDF作成・編集や、注釈、フォームデザインなどの各種機能はもちろん、ビジネスに欠かせない堅牢なセキュリティ機能を備えた高機能・超高速のPDF作成・編集ソフトウェア。 「Acrobat XI」は2017年10月でサポート終了――最適なアップグレードは? 重要文書の改ざんを防ぎ、情報公開をコントロールするためのPDF活用術

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060818


IT・IT製品TOP > PCソフト > PDFソフト > PDFソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ