この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デジタルハーツ、札幌第3ラボを増床


掲載日:2015/03/12


News

 株式会社デジタルハーツは、デバッグ案件の受注に対応するため4月に札幌第3Lab.(ラボ)を増床すると発表した。

 デジタルハーツによると、スマートフォンアプリの急成長により市場競争が激化する中、モバイルコンテンツ市場では、デバッグを重要視する傾向が高まっているという。中でも、ソーシャルゲームにおいては、スマートフォンの高機能化を背景にゲームのクオリティが急速に向上していることに加え、ゲーム内イベントの開催などリリース後の定期的なアップデートが必要不可欠となっていることから、デバッグ工程が複雑化・長期化する傾向にあり、この流れをうけてデバッグ工程のアウトソース化が加速していると述べている。

 そこで、同社ではこれらの拡大傾向にあるデバッグ需要に柔軟に対応するため、デバッグの作業拠点であるラボを日本国内に12拠点開設するなど、ラボの積極的な展開を図るとともに、日本全国のテスター人員の採用及び人材育成に注力し、受注体制の強化を図ることで、品質に優れたデバッグサービスの提供に努めていくという。

 札幌第3ラボは、2014年12月にモバイルコンテンツ向けのデバッグ案件の受注増加にともない新設された。今後、それらの受注増加が更に見込まれることから、同ラボを従来の約4倍の規模に増床すると伝えている。



関連キーワード

「デジタルハーツ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060802



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ