I-Oデータ、データの安全運用を支援する法人向け外付けHDDを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、データの安全運用を支援する法人向け外付けHDDを出荷


掲載日:2015/03/10


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、大切なデータの安全運用を支援する、法人向けのカートリッジ式外付けHDD「ZHD-UTX」シリーズの出荷を3月下旬(予定)に開始する。

 「ZHD-UTX」シリーズは、法人向けの「LAN DISK」シリーズやWindowsサーバのバックアップに適した外付HDD。常時稼働に耐える、Western Digitalの高信頼HDD「WD Red」を搭載している。HDDの運用で課題になりやすい熱・振動への対策や、電力消費の改善が行なわれていて、消耗品のHDDも含めた長期3年保証が提供される。

 クラウド管理サービス「NarSuS」への後日対応が予定されていて、ユーザに代わって24時間稼働状態をネットワーク経由で管理することで、正常稼働をサポートする。また、有償保守サービス「アイオー・セーフティ・サービス(ISS)」のオンサイト保守サービス(ISS-LHA-PRシリーズ)に対応し、不具合発生時に専門スタッフが訪問するほか、最短翌営業日に代替品が届けられる「デリバリィ保守サービス」(ISS-LHA-STシリーズ)に対応し、運用をサポートする。

 Windows系サーバのバックアップに対応し、USB接続してバックアップソフトを使用したバックアップ先として設定できる。各種バックアップソフトとの動作確認済みで、同HDD自身のバックアップや、サーバーやクライアントPCのバックアップ先として利用できる。

 フロントパネルには、「LAN DISK H」シリーズと同様のエアーフローに優れたパンチングメタル加工を行ない、統一感のある筐体を採用しているほか、同シリーズの専用フォーマットにフォーマット済みなので、購入後直ちに利用できる。また、USB3.0で同シリーズの各種バックアップ機能を使用できる。

 「LAN DISK XR/XV」シリーズとeSATA接続し、eSATAミラーリング機能を使用することで、同HDDをミラーディスクとして活用できる。システムを含めたまるごとのバックアップを行なえるほか、ミラーディスクを取り外してバックアップを保管することもでき、「LAN DISK XR/XV」シリーズが故障した場合でも、ミラーディスクからシステムを起動し、バックアップされていた時点に復旧できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060759


IT・IT製品TOP > ストレージ > 外付けHDD > 外付けHDDのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ