採用:住友金属鉱山、アリエルのWebコラボレーションウェア採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:住友金属鉱山、アリエルのWebコラボレーションウェア採用


掲載日:2015/03/10


News

 アリエル・ネットワーク株式会社(アリエル)は、住友金属鉱山株式会社が情報共有基盤として、Webコラボレーションウェア「ArielAirOne Enterprise」を採用したことを発表した。

 「ArielAirOne Enterprise」は、拡張性・柔軟性に優れた情報共有環境の構築とともに、大規模組織で扱われる様々な情報のシームレスなデータ連携と優れたセキュリティによる集中的な管理を可能にするWebコラボレーションウェア。標準アプリケーションであるグループウェア・企業情報ポータル(EIP)のほか、事業やビジネスモデルに応じた企業独自のアプリケーション開発を可能とするフレームワークを提供する。

 住友金属鉱山は、鉱物資源調達から鉱山の運営までを行なう資源開発事業、資源からニッケルなどを生み出す非鉄金属製錬事業、環境保全・省エネルギーに寄与する電子材料・機能性材料の製造事業を柱とする住友グループの企業。

 同社では、部署、拠点、グループ会社によって異なるスケジューラや施設設備予約システムが利用されていて、スケジューラの利用者間での予定調整に時間を要する、システムによって施設の予約方法や確認方法が異なるなど、予定や施設の管理において課題を抱えていたという。一方、運用面では複数のシステムで行なっている組織やユーザなどのマスタ管理を見直し、運用の負担を軽減させることが求められていたとして、今回スケジューラと施設設備予約システムの統合の検討に着手したと述べている。

 選定においては、同社特有の要件である予定調整・施設予約における機能要件に対し、標準で対応が可能であったこと、大規模での導入実績やユーザの要望を可能にするリクエストバージョンアップ、メジャー・マイナーバージョンアップなどの保守・機能追加に新たな投資が不要で、コンサルティングを受けながら実施できることなどを評価し、同コラボレーションウェアを採用したと伝えている。

 同社では、予定調整や施設予約などの作業時間削減や施設の有効活用に加え、スマートデバイス利用への対応など、個人生産性の向上に期待しているほか、運用面においては、マスタ管理方法の統一や人事システムとの連携により運用の負担軽減を図ると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 月額150円グループウェアの実力を徹底解説、無料サービスとの違いとは? 【リスモン・ビジネス・ポータル】 今、クラウド版Officeへの移行企業が増える理由とは、メリットと移行方法を解説 【日本マイクロソフト株式会社】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。 無料グループウェアのサービス終了がアナウンスされ出した。コストをかけたくない企業の乗り換え先はどう選ぶべきか。月150円のサービスがさらにお得になる朗報がある。 今、クラウド版Officeへの移行企業が増える理由とは、メリットと移行方法を解説 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060754


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ