dit、Microsoft Exchangeの送受信ログを収集できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、Microsoft Exchangeの送受信ログを収集できる製品を発売


掲載日:2015/03/09


News

 株式会社ディアイティ(dit)は、クライアント/サーバの証跡を取得するソリューション「Log Audit Tracker」シリーズの新製品で、メールの送受信ログを収集するソリューション「Mail Access Tracker」を3月20日に発売する。

 「Mail Access Tracker」は、Exchange OWA(Outlook Web Access)環境を利用したメールの送受信IPアドレスや添付ファイルなどの詳細情報で強化された送受信ログを利用して、様々なセキュリティポリシーにも的確に対応するソリューション。Microsoft Exchangeメールシステムのサブセットとして機能し、Exchange OWAを利用したメールの情報、例えば添付ファイルの有無、送受信者、送受信端末の特定などの詳細情報を取得できる。

 また、「Log Audit Tracker」と「Mail Access Tracker」を合わせて利用することで、クライアント操作ログに加え、メール送受信ログの詳細を、「Log Audit Tracker Report Manager」で一元管理できる。収集された様々なイベントは、Report Managerを利用することでグラフィカルに表示でき、“いつ”“誰が”“何に対して”“何をしたか”を容易に追跡できる。

 Exchange CASにインストールする「Mail Access Tracker CAS Agent」と、Exchange MBXにインストールする「Mail Access Tracker MBX Agent」で構成され、価格はいずれもオープン価格。


出荷日・発売日 2015年3月20日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

ログ管理ツール『ALog SMASH』 【網屋】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 PC操作記録 iDoperation SC 【NTTテクノクロス】 ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
サーバにある重要データに「いつ、誰が、何をしたか」を記録する製品。対象サーバに直接インストールするため、ログサーバが不要。PCへのエージェントインストールも不要。 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 サーバーやPCでの操作を録画して残せるPC操作記録ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏洩対策を支援する。 ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどの様々な変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060724


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ