サードウェーブデジノス、Core i5搭載の手のひらサイズPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブデジノス、Core i5搭載の手のひらサイズPCを発売


掲載日:2015/03/06


News

 株式会社サードウェーブデジノスは、手のひらサイズのコンパクトな筐体のデスクトップPC「Diginnos Mini NUC」シリーズで、第5世代Core i5-5250Uプロセッサを搭載した「Diginnos Mini NUC-B5」を発売した。価格は9万2980円。

 「Diginnos Mini NUC-B5」は、NUC(Next Unit of Computing)に準拠した超小型マザーボードを採用し、ケースを含めた本体外形が幅115.0mm×奥行き111.0mm×高さ34.5mm/重さ約365gという、手のひらに収まるサイズで、机の上に加え、付属のVESAマウントブラケットを使用して液晶モニタの背面にも設置できる。また、演算性能に優れた第5世代Core i5-5250Uプロセッサを搭載し、資料を閲覧しながら、大量の数値が記入された表計算ソフトの処理や、高解像度の画像を埋め込んだプレゼンテーション資料の作成なども快適に行なえる。

 内蔵グラフィックスは、性能・機能ともに向上したインテルHDグラフィックス6000で、単体グラフィックスカードに迫る優れた描画性能を達成している。HEVCやVP8/9といった最新の動画圧縮技術もサポートしているほか、デジタル接続での2画面同時出力や、デスクトップ画面を無線で伝送できるインテルWiDi(Wireless Display)にも対応している。

 USB 3.0ポートを、背面の2基に加え、前面にも2基搭載し、外付けHDDやUSBメモリなどの周辺機器を前面から容易に接続できる。ネットワーク機能も、信頼性・安定性に優れたインテル製ギガビットLANコントローラに加え、インテル純正のIEEE802.11 a/b/g/n/ac対応無線LANを搭載しているほか、Bluetooth 4.0機能も備え、対応ヘッドセットやマウスなどを接続できる。

 超低電圧版CPUを搭載し、駆動部分がないSSDと組み合わせることで、一般的なPCに比べ消費電力が低く、店舗やオフィスなどでの長時間稼働や、デジタルサイネージ用などの用途で電力消費を抑えられる。また、SSDに加え、HDDも同時に搭載できるモデル「Diginnos Mini NUC-B5H」もラインアップされているほか、メモリやHDD容量の変更に加え、各種周辺機器やケーブルなどのサプライ品も本体と同時に購入できる、様々なカスタマイズメニューが用意されている。なお、OSはWindows 8.1インストール済みで、Windows 7インストール済みも選択できる。


出荷日・発売日 2015年3月4日 発売
価格 9万2980円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060712


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ