採用:HOYAサービス、新光電子にMicrosoftのERPの導入を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:HOYAサービス、新光電子にMicrosoftのERPの導入を開始


掲載日:2015/03/06


News

 HOYAサービス株式会社は、新光電子株式会社より、同社国内への「Microsoft Dynamics AX」導入案件を受注しプロジェクトを開始したと発表した。

 HOYAサービスでは、Microsoft社のERPである「Dynamics AX」を効率的に導入するために、同ERPの機能を拡張した各種のテンプレートを製造業のユーザに提供しているという。

 新光電子は、今後の事業展開を見据え基幹システムの再構築を計画し、すでに海外拠点でも利用されている同ERPを標準パッケージと定めて、導入ベンダの選定を進めたと伝えている。今回、HOYAサービスの実績と技術力を評価し採用を決めたと述べている。

 同プロジェクトは、11月の本番稼動開始を目指し、HOYAサービスの“組立加工系生産管理テンプレート”を適用することと、将来的な拡張性を考慮しつつ標準機能に合わせた形での導入を進める予定だと伝えている。なお、対象業務範囲は、生産、販売、購買、売掛、買掛の基幹業務だとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 【ネットスイート】 クラウドERPシステム「NetSuite」 【ネットスイート】 GRANDIT 【GRANDIT】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 カスタマイズはERP運用の必要悪か? 運用コストを最小化するハイブリッドERP 【SCSK】
ERP ERP ERP ERP ERP
プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 ERP/財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供。 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 カスタマイズはERP運用の必要悪か? 運用コストを最小化するハイブリッドERP

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060707


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ