日本マイクロソフト、新経営体制を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本マイクロソフト、新経営体制を発表


掲載日:2015/03/06


News

 日本マイクロソフト株式会社(マイクロソフト)は、新経営体制を発表した。

 3月2日付で、執行役専務 マーケティング&オペレーションズ担当の平野 拓也氏が代表執行役 副社長に就任した。

 7月1日付で、代表執行役社長の樋口 泰行氏が代表執行役会長に、代表執行役副社長の平野 拓也氏が代表執行役社長に、それぞれ就任する。

 平野氏は、3月2日付で、代表執行役 副社長に就任し、同社の新会計年度(2016年度:7月1日開始)に向けた経営・事業計画の立案などを樋口氏とともに遂行するという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

シングルサインオン・統合認証基盤 IceWall SSO 【日本ヒューレット・パッカード】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方 【日本ヒューレット・パッカード】 データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析 【日本ヒューレット・パッカード】 HCIの進化形「コンポーザブルインフラ」の仕組みを徹底解剖 【日本ヒューレット・パッカード】
シングルサインオン ERP 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
国内導入実績No.1※シングルサインオン製品
Office 365、Salesforce、GoogleApps等と認証連携(フェデレーション)が可能
OATH準拠のOTPソリューション、モバイルSSOも提供
会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。さまざまな業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方 データセンターの非効率性を解消、注目の次世代インフラを徹底分析 HCIの進化形「コンポーザブルインフラ」の仕組みを徹底解剖
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060693



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ