クォーレスト、4uの統合型ストレージ10GbEモデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、4uの統合型ストレージ10GbEモデルを発売


掲載日:2015/03/05


News

 株式会社クォーレストは、Qsan Technologyの4uラックマウント・統合型ストレージ10GbEモデル「TrioNAS LX U300-P20-C424」シリーズを発売した。

 「TrioNAS LX U300」シリーズは、NASとSANを統合して、企業向けの様々な機能が、企業のIT関連予算と現場のニーズに合わせた形で提供される。ITアドミニストレータが、最大6万5536のアカウントを容易に管理できるように、Windows ADとLDAPの優れた統合を達成している。Windows ACLをサポートすることで、管理者権限の設定を簡略化でき、アクセス・コントロールを容易に行なえ、企業でのITインフラ管理負担の最小化を図れる。UnifiedAUTHは、全データ・サービスでのドメイン認証をシームレスに行なえるほか、アクセス・オーディットを利用することで、ITアドミニストレータはユーザ追跡を容易に行なえ、履歴からファイルの適正な使用や改変を確認できる。

 様々なアプリケーションに応用できる10GbE/1GbE iSCSI、10GbE/1GbE NASのホスト接続インターフェースを備えているほか、JBODストレージの「J100」シリーズを使用することで、最大192台までのHDDを接続でき、トータル1PBを超える大容量を利用できる。また、ランダムI/Oインテンシブ・アプリケーションを強化するSSDキャシュにオプションで対応できる。

 検知が困難なデータ破壊を検出し、即座に修正する、高信頼ZFSファイル・システムを採用したことで、堅牢なデータストレージ・プラットフォームを提供する。また、ストレージを有効活用するシン・プロビジョニング、デ・デュプリケーション&コンプレッション機能を利用できるほか、遠隔レプリケーションをサポートしている。

 McAfeeアンチ・ウイルスの3年無料ライセンスが付属している。また、電源やファン・モジュールの冗長性を備えているほか、80PLUSゴールド電源を搭載している。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 HDD並みの価格で実現するオールフラッシュストレージの4つの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】 企業向けストレージに関するアンケート 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 知らないと恥ずかしい オールフラッシュ導入による4つの恩恵 大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。 3000円分のAmazonギフト券が当たる:ストレージに関する読者調査

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060659


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ