事例:JTBグループ、日本オプロ製品で帳票作成・配信を自動化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:JTBグループ、日本オプロ製品で帳票作成・配信を自動化


掲載日:2015/03/04


News

 日本オプロ株式会社は、株式会社ジェイティービー(JTB)をはじめとするJTBグループによる帳票クラウド「OPROARTS」の導入事例を発表した。

 「OPROARTS」は、紙資源のコスト削減が可能で、事業の成長に合わせて仕様の変更ができる帳票クラウド。

 JTBグループは、世界35ヵ国、99都市、482拠点(掲載販売店を営む本社・支店・営業所数2014年1月1日時点)の拠点網を活用し、旅行商品を提供する企業。同グループでは、ツアー予約後にスケジュール表、施設案内、各種注意事項などの様々な書類を顧客に発送しているほか、各宿泊施設、レジャー施設、交通機関など、旅行事業を行なう上で必要な帳票類は膨大な量にのぼるという。

 今回、同製品を導入し2014年4月から国内外200以上の拠点で本格稼働を開始したと伝えている。導入においては、拡張性やセキュリティなど要望に合わせてプライベート環境で提供されるプライベートライセンスを利用したため、利用量が増えてきたときに簡単にスケールアップが可能で、業務スピードを落とさずに柔軟に利用できると述べている。

 また、Salesforce上で同製品を利用することにより、操作ログが履歴として残るため、誰がいつ作成し、誰が承認したか、作成した帳票とともに自動で保存されるため、後からデータを探さずに1つの画面で各顧客への手配の状況が確認できるとしている。

 今回、種類にして50種、ページ数にして月次10万〜20万ページの帳票作成・配信を自動化したことにともない、書類作成上におけるミスが減少したほか、PDFを添付してのメール送信、FAX送信など、画面上の操作での配信が可能となったため、ペーパーレス化も可能となったと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「電子帳票システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子帳票システム」関連情報をランダムに表示しています。

「電子帳票システム」関連の製品

営業現場での利用をもっと快適に、SalesforceのUIをExcelにする方法 【ウイングアーク1st株式会社】 biz-Stream v4 【ブレインセラーズ・ドットコム】 次世代型Excel帳票システム ExReport 【フォー・ズィー・コーポレーション】 帳票出力ソリューション Repotoneシリーズ 【ソフトバンク コマース&サービス】 Pandora-AX 【 NTTデータビジネスブレインズ】
電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム 電子帳票システム
営業現場での利用をもっと快適に、SalesforceのUIをExcelにする方法 シンプルで導入しやすいライセンス体系のオンデマンドWeb帳票ソリューション。デザイン性に富んだ帳票が簡単に作成でき、PDF、CSV、印刷など、多様な形態で出力可能。 特別なソフトや知識なしで簡単にExcel帳票が作成でき、インターネット経由で拠点などへ展開可能。ユーザ側での入力、データベースへの反映などが可能なExcel帳票システム。 kintoneと連携して帳票出力を行うソリューション。クラウド型とプラグイン型でPDFやExcel形式のさまざまな帳票に対応。 e-文書法・電子帳簿保存法をオールインワンサポート。スキャナ保存や帳簿・書類の長期保存に対応。高いセキュリティ性能とずばぬけた検索機能が特長の電子帳票システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060643


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ