FULLER、総額2億3000万円の資金調達を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FULLER、総額2億3000万円の資金調達を実施


掲載日:2015/03/04


News

 FULLER株式会社は、既存株主1社(M8 CAPITAL FUND I L.P.)と、今回新たに6社(Global Catalyst Partners Japan投資事業有限責任組合、株式会社朝日新聞社、インフォテリア株式会社、株式会社オプト、株式会社コロプラ、日本交通株式会社)及び個人投資家複数名(古川 健介氏など)を引受先とする第三者割当増資により総額2億3000万円の資金調達を実施したと発表した。

 FULLERは、つくばエクスプレス沿線にあるKOIL(柏の葉・オープン・イノベーション・ラボ)を拠点とし、スマートフォンアプリに特化したテクノロジーとサービスを提供するベンチャー企業。おじさんシリーズとしてユーザに親しまれている「ぼく、スマホ」や、スマートフォンアプリ視聴率調査サービス「AppApe」を提供している。

 特に、2014年11月にリリースしたWeb上で簡単にスマートフォンアプリの市場・競合調査ができるサービス「App Ape Analytics」は、通信キャリア・アプリ開発者・広告代理店などの企業が月額有料顧客として利用している。

 今回の増資により、人員体制を3倍に強化し、App Apeサービスの更なる拡充・世界展開及び新サービス開発を行っていくという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060634



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ