DENGYO、長距離無線LAN臨時可搬型パッケージをリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DENGYO、長距離無線LAN臨時可搬型パッケージをリリース


掲載日:2015/03/04


News

 日本電業工作株式会社(DENGYO)は、災害現場などからのハイビジョン映像を伝送できる長距離無線LANシステム「FalconWAVE」を使用して、多地点遠望観測や各種観測データの無線伝送を行なえる「FalconWAVE臨時可搬型パッケージ」をリリースする。

 「FalconWAVE臨時可搬型パッケージ」では、映像伝送を行なうためのカメラ・アンテナ・無線装置(FalconWAVE)類がパッケージ化されていて、現場の状況をリアルタイム・簡易に、遠隔地から監視・観測できる。広指向性アンテナを備え、容易に方向調整を行なえるため、短時間で設営でき、電源を接続することで最短15分で災害現場などからライブ中継を行なえるほか、IPネットワークを構成することで、ハブ経由で各種センサ情報も伝送できる。

 「FalconWAVE4.9G」を使用すると、4ポイントまでのカメラ映像と各種センサ情報を防災ステーションに伝送でき、1対1のハイビジョン映像伝送では、最長30kmの無線伝送を行なえるほか、4対1のハイビジョン映像伝送では16kmを達成している。また、「FalconWAVE2.4G」では、低消費電力特性(2.5W)を活用して、太陽光パネルを利用した完全自立電源運用で、1対1のハイビジョン映像伝送では最長8kmまで無線伝送でき、山間僻地などでも設置できる。用途・目的・設置場所など条件に合わせて組み合わせられ、1対4の構成では最長1kmの無線伝送を行なえる。

 耐降雨特性に優れた周波数2.4GHz帯と4.9GHz帯を利用しているため、災害時に懸念される降雨災害でも影響を受けにくい。

 今後は、映像機能の高度化や、カメラ監視地点周辺のWi-Fiエリア化など、無線伝送機能と周辺機能を組み合わせたパッケージ化の充実が図られる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】 IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】
無線LAN 無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。 IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか?

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060633


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ