Force Media、台湾VIVOTEKの魚眼レンズ搭載ドーム型カメラを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Force Media、台湾VIVOTEKの魚眼レンズ搭載ドーム型カメラを出荷


掲載日:2015/03/02


News

 株式会社フォースメディア(Force Media)は、台湾VIVOTEKのネットワークカメラの新製品で、フィッシュアイ(魚眼)レンズを搭載したドーム型の「FE8180」の出荷を開始した。

 「FE8180」は、5メガピクセルのCMOSセンサを備え、1920×1920ドットの解像度で15fpsのスムーズな映像を撮影できる。f=1.57mmのフィッシュアイレンズを備え、壁に設置することで180度、天井などに設置することで360度のサラウンドビューで撮影でき、空港・ショッピングモール・駐車場・小売店舗・オフィススペースなど開けた場所を広範囲でカバーできる。

 3Dノイズリダクション機能を備え、光量の少ない環境下でも鮮明な画像を得られ、ノイズの少ない画像を維持しならネットワーク帯域の低減を図れる。また、従来の5メガピクセルフィッシュアイカメラの基本性能・機能はそのままに、直径90mm・厚さ37mmのコンパクトな筐体を採用しているため、設置場所の雰囲気を損なわずに監視カメラを設置できる。

 パノラマ画像の歪み補正をカメラ本体側で処理し、補正後の映像を供給できるほか、クライアントソフトウェア側での歪み補正処理にも対応している。これまで複数台のカメラでカバーしていた監視対象に対して、フィッシュアイカメラを利用することで1台のみでカバーでき、シンプルでフレキシブルな監視システムを構築できる。


出荷日・発売日 2015年2月下旬 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060580


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ