採用:さくらインターネット、カオナビの人材DBを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:さくらインターネット、カオナビの人材DBを導入


掲載日:2015/02/27


News

 株式会社カオナビは、さくらインターネット株式会社が人材DB「カオナビ」を導入したことを発表した。

 「カオナビ」は、人材の抜擢・配置・評価・育成などの人材開発を目的とした人材DB。顔写真を使った直感的なインターフェースで人材の経験や能力、個性や考えといった人材情報を迅速に把握できる。

 さくらインターネットは、ホスティングサービスとハウジングサービスの両軸で事業を展開する企業。2016年に創業20周年を迎える同社では、社員の異動や育成・配置といった人材活用施策を強化していこうという動きが出始めたという。

 しかし、今まで人事の労務処理に必要な情報は人事部のみが利用可能な人事システムで管理されており、社員1人ひとりの異動履歴や携わってきたプロジェクト、スキルなどの人材活用に必要な情報は現場の管理職が個別に管理していたとしている。そのため、異動や配置転換を検討する際の情報共有や引継ぎが課題となっていたと伝えている。

 一方で、人事部内ではExcelを使用して行なう人事考課の運用負荷が年々高まっており、運用から評価結果の管理までを一元化できるシステムの導入が急務となっていたと述べている。

 今回、管理する項目やアクセス権限を自由に設定できるため、人事部のほか管理職や経営陣それぞれが柔軟に対応できるイメージがあったことや、インターフェースがわかりやすく、操作方法も簡単だったことが決め手となり、同人材DBを導入することとなったとしている。

 同人材DB導入の狙いとして、メールのやりとりや口頭ベースで収集した社員の情報もデータとして蓄積していくことで異動や育成、配置といった人材活用につなげていくことや、紙ベースで管理していた情報をシステム上で一元化することで、人事部からほかの社員への共有の手間を省き、現場社員も常に人事情報を把握できる状態をつくることを挙げている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

人事統合システム ADPS Advance Edition Plus 【カシオヒューマンシステムズ】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム 【富士通マーケティング】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
「分かりやすく、シンプルに」をコンセプトに、企業のあらゆる人事業務を、より効率的かつ的確にサポートするパッケージシステム。 1400社導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理だけでなく、タレントマネジメント支援やグローバル人事など広範な機能を網羅した統合人事パッケージ 社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
1000社の導入実績を持つ人事・給与・就業パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
マイナンバーの申請・収集・保管及び申告帳票の出力を行うアドオン型のシステム。既存システムとの連携インターフェースを構築することで短期間・低価格の制度対応が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060566


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ