MONET、差分アップデート・ソフト新版でBuildコマンドなどを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MONET、差分アップデート・ソフト新版でBuildコマンドなどを拡充


掲載日:2015/02/25


News

 株式会社MONETは、米国ポケットソフト社のバイナリ差分アップデート・ソフトウェアの新バージョン「RTPatch バージョン12」の取扱いを開始する。価格はオープン価格。

 「RTPatch」は、データやプログラムをアップデートする際に、旧バージョンからの変更個所をバイナリレベルで抽出して差分パッチを作成するソフトウェアで、Windowsに加え、Mac OS X、Android、Linux/UNIX、VXWorks、組込ソフトウェア用のEmbeddedなどに対応している。

 今回の新バージョンでは、パッチを適用するプロセスのコントロールを改善するための、新しいパッチファイルのフォーマットが追加されているほか、Auto RTPatch(Windows版のみ対応)に関する機能などが追加されている。

 Buildコマンド“PATCHFORMAT”が追加され、旧バージョンのApplyプログラム(1996年のバージョン3.2以降)でも適用できるフォーマットのパッチファイルを作成できるほか、Buildコマンド“DELDIRONMT”が追加され、Apply時に空になったフォルダ/ディレクトリを削除できる。また、Buildコマンド“SELFREGWARNINGS”が追加され、ファイルごとに自己登録(self-registration)が失敗した時に警告を出せる。

 Auto RTPatchは、HTTPSをサポートし、HTTPSのポート番号も任意のものをサポートするほか、新しい設定“Mirror”をサポートし、第1のURLに到達できない場合、第2のURLからダウンロードして更新を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060529


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ