プラネックス、Webブラウザで設定できる16ポートPoEハブを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プラネックス、Webブラウザで設定できる16ポートPoEハブを発売


掲載日:2015/02/25


News

 プラネックスコミュニケーションズ株式会社(プラネックス)は、LANケーブル経由で電源供給も可能なPoE(Power over Ethernet)規格に対応した16ポートスイッチングハブ「SWE-0216G3」を3月2日に発売する。参考価格は5万4800円。

 「SWE-0216G3」は、全ポートがPoE給電に対応しているため、PoE対応のIP電話などに適している。配線の終端にあるデバイスがPoE機能に対応しているものであれば、そのデバイス周りの電源コンセントが不要になり、設置時のレイアウトの自由度が向上する。1ポートあたり最大30Wまで電力を供給できるIEEE802.3at(PoE+)に対応している。

 ポートごとにPoEのオン/オフを設定でき、不使用ポートへの給電を簡単に止められる。また、ネットワークに接続されているPCからWebブラウザを使って設定を簡単に行なえ、遠隔設定が可能。

 様々なVLAN機能(ポートベース/タグ/マルチプルなど)に対応し、セキュリティを構築しながら柔軟にネットワークを活用できる。また、特定のポートで送信または受信したパケットを、ほかのポートにコピー(ミラーリング)できる。これにより、パケットアナライザなどの監視用機器をポートに接続し、設定した別のポートを通過するパケットの詳細を参照できる。

 重要なトラフィックを差別化する様々なQoS機能を搭載し、グループウェアのDBなど重要なネットワークアプリケーションの利便性向上を図れる。DSCPやIP Precedenceにも対応し、様々なニーズに対応できる。また、ポートを束ねることでハブ間の通信速度を向上できるTrunk機能に対応している。

 19インチラック用マウントキットが付属し、ラックへ取り付けられる。また、電源を内蔵し、電源ケーブルは本体から取り外せるため、設置の自由度に優れている。


出荷日・発売日 2015年3月2日 発売
価格 参考価格:5万4800円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークハブ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークハブ」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060527


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークハブ > ネットワークハブのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ