AXSEED、モバイル端末管理システムをAndroid 5.0に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AXSEED、モバイル端末管理システムをAndroid 5.0に対応


掲載日:2015/02/25


News

 株式会社AXSEEDは、モバイル端末管理システム「SPPM2.0」を、Android 5.0(Lollipop)に4月末に対応させる。

 「SPPM」は、スマートフォン/タブレット向けのセキュリティ統合管理システム。Android/iOS/Windowsの3OSの端末管理を統合して行なえる。

 今回の対応は、OSの仕様変更により、従来の“トップ画面で稼働するアプリ情報をチェックして制御する”という方法ではMDMによる利用アプリ制限ができなくなったことに対処したもの。利用アプリ制限の方法を変更してAndroid 5.0に対応した。これにより法人ユーザは、セキュリティ・レベルが強化されたAndroid 5.0端末のリモート集中管理が可能になる。

 また、同システムのXperia/Galaxy端末専用機能にある、端末のOSバージョンアップ制御機能を活用して、Android 5.0へのアップデートを制限し、従来通りの環境で端末を利用させることもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

MobiConnect for Business 【ソフトバンク コマース&サービス】 MobiControl 【ソフトバンク コマース&サービス】 スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】 MDM統合ソリューション「MoDeM」 【ソフトバンク コマース&サービス】 タブレット教育向けMDMサービス 「MobiConnect for Education」 【ソフトバンク コマース&サービス】
MDM MDM MDM MDM MDM
遠隔地からのロック、ワイプ、データ削除などにより、スマートデバイス紛失時における第三者の不正利用やデータ漏えいのリスクを軽減。 ハンディターミナルを含むマルチOSに対応し、セキュリティの確保と業務端末運用の効率化を実現するMDM(モバイルデバイス管理)。 スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。 デバイス管理機能に加え、アプリ配信など業務をサポートする機能が一体化されたMDM統合ソリューション。ユーザーの利便性を追求したインタフェースが導入企業に好評。 タブレット教育に特化したスマートデバイス管理サービス。端末管理に必要な遠隔制御やアプリ配信機能の他、教育現場に求められる柔軟な管理を可能とする機能を豊富に提供。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060525


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ