インフォコーパス、早稲田大学の環境ロボットにクラウド基盤提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォコーパス、早稲田大学の環境ロボットにクラウド基盤提供


掲載日:2015/02/24


News

 株式会社インフォコーパスは、同社のクラウド基盤「SensorCorpus」が早稲田大学 高西 淳夫研究室の自律移動型環境モニタリングロボットが使用するクラウド基盤として採用されたと発表した。

 「SensorCorpus」は、インフォコーパスが開発したセンサ用IoT(モノのインターネット)クラウド基盤。様々なセンサ情報をクラウド上に集約・活用・管理することができる。ユーザはセンサのデータをクラウドに送信して蓄積し、ビジュアル表示・閲覧、ダウンロードなどを行なえるほか、センサ、ゲートウェイなどの認証や管理を行なえる。

 今回、同社は同基盤をロボット研究者向けのデータの蓄積・可視化・分析用プラットフォームとして提供することにしたと伝えている。その第1弾として、早稲田大学 高西 淳夫研究室が自律移動型環境モニタリングロボット「WAMOT」のクラウド基盤として「SensorCorpus」を採用し、2月に接続を開始したと述べている。

 「WAMOT」は、自律的に判断しながら屋外を移動し、搭載した環境センサで周囲の状況をモニタリングしていくロボット。森林や山間部、農地などにおいて、野生動物の生息状況、大気・土壌・水の汚染などに関するセンシング情報を得てマップを作成していく、といった利用方法が考えられているという。

 今回はデータ送信の中継器であるゲートウェイとして「Arduino」を使用(「RasberryPi」も試験準備中)し、同ロボットが取得した温度やGPSデータをクラウド上にアップロードする実験に成功したと伝えている。

 今後は、ロボットが取得する周囲の情報(外界センシング)のほか、ロボット自体の挙動に関する情報(内界センシング)のデータも、同基盤に蓄積していくとしている。これにより、ロボット本体と環境の相互作用についても、同基盤上で一元的に可視化・分析することが可能になると伝えている。また、同基盤上に様々な分析エンジンや人工知能を搭載し共有することによって、複数のロボットが自律協調してミッションを遂行することを目指すと述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Skype for Business」活用の鍵、快適なユーザー体験を提供する方法は? 【ポリコムジャパン】 働き方改革を生産性向上につなげるには? 実践企業が語るテクノロジー活用法 【ヴイエムウェア株式会社】 データで動く組織の作り方、その第一歩は全社で使えるツール選定が肝に 【株式会社ジャストシステム】 クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった? 【レッドハット】 AWS環境での開発スピードを劇的向上、事例で学ぶデプロイプロセス自動化の方法 【レッドハット】
テレビ会議/ビデオ会議 モバイル通信サービス BA 統合運用管理 統合運用管理
「Skype for Business」活用の鍵、快適なユーザー体験を提供する方法は? 働き方改革を生産性向上につなげるには? 実践企業が語るテクノロジー活用法 データで動く組織の作り方、その第一歩は全社で使えるツール選定が肝に クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった? AWS環境での開発スピードを劇的向上、事例で学ぶデプロイプロセス自動化の方法
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060478



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ