富士通、すべての社内システムをクラウド基盤へ刷新

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、すべての社内システムをクラウド基盤へ刷新


掲載日:2015/02/23


News

 富士通株式会社は、富士通グループ国内外で稼働中のすべての社内システム計約640システム(サーバ数:約1万3000台)を、クラウド基盤に移行することを決定したと発表した。

 今回の移行は2月より順次実施し、今後5年間で完了する予定。また、同グループで稼働しているレガシーシステムから最先端のシステムまでを含む、大規模かつ複雑なシステム群を、ビジネス環境変化に柔軟に即応可能なシステムへとモダナイゼーションするとともに、効率化を目指すと述べている。

 これにより、同グループ全体では5年間で約350億円のTCO(Total Cost of Ownership)削減を見込むとともに、同移行で培ったスキル・ノウハウをリファレンスモデルとして、ユーザへのソリューション提案・システム構築・運用に活用するという。

 今回、システムの移行先となるクラウド基盤は、同社が開発を進めているオープンスタックベースの新しいクラウドサービス基盤。社内システムを移行するとともに、一部のユーザと実証を行ないながら継続的に機能開発を行ない、2015年度中にユーザへの提供を開始する予定だと述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

先進性と堅牢性が求められる金融業界で見直されるメインフレームの価値 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 「大規模ストレージ」に関するアンケート 【クラウディアン株式会社】 一人情シスでも安心、「仮想化データセンター」の手軽な利用法 【ディーネット+他】 プロジェクト管理を改善する3つの方法――意思決定と業務プロセスを最適化する 【サイフォーマ】 MA導入だけでは不十分? “半年で受注件数2倍”の企業に学ぶ成功の秘訣 【Sansan】
メインフレーム サーバー管理 サーバー仮想化 プロジェクト管理 SFA
先進性と堅牢性が求められる金融業界で見直されるメインフレームの価値 大規模ストレージに関するアンケートに答えてAmazonギフト券3000円分を当てよう 一人情シスでも安心、「仮想化データセンター」の手軽な利用法 プロジェクト管理を改善する3つの方法――意思決定と業務プロセスを最適化する MA導入だけでは不十分? “半年で受注件数2倍”の企業に学ぶ成功の秘訣
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060457



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ