DNP、高速ブックスキャナによる書籍のデジタル化を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、高速ブックスキャナによる書籍のデジタル化を開始


掲載日:2015/02/23


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、東京大学附属図書館の蔵書のデジタル化において、東京大学 石川 正俊教授・渡辺 義浩講師の研究チームと共同で開発した高速ブックスキャナの試験運用を開始すると発表した。

 DNPによると、大学図書館では、主に特殊コレクションなどの貴重資料のデジタル化とWebサイトでの公開は行なわれているが、所蔵する書籍のデジタル化については、作業や処理の時間がかかることなどから、なかなか進まないという。

 具体的な作業としては、書籍を分解・裁断せず冊子体のままデジタル化する必要があるが、従来のブックスキャナでは、文字や絵がゆがまないように、1ページずつ手でめくって平らにしてから撮影するため、読み取りに時間がかかるほか、資料を破損させる可能性が高いことが課題となっていたとしている。

 東京大学附属図書館は、本郷キャンパスの総合図書館を拡充する“新図書館計画”の一環として、学術資料を次世代に継承し、膨大な蔵書を広く学内外の人々に活用してもらうため、デジタルデータとしての保存とその活用に取り組んでいるという。

 DNPは、2010年から東京大学の研究チームと共同で、高速ブックスキャナの開発を進めていて、2012年には機械による高速ページめくりの機能と、リアルタイムで書籍の3次元状態を認識する技術、高速でゆがんだ画像を補正するアルゴリズムを導入し、冊子体のまま、電子書籍の要求解像度での高速スキャンを可能にしたと伝えている。

 同ブックスキャナは、1分間に250ページという速度で、書籍などを冊子体のまま1ページずつめくりながら撮影して画像データとして保存し、この画像データの文字を光学文字認識(OCR)処理によってテキスト化する。

 今回、同社は同図書館の書籍や学術資料などのデジタル化のほか、タイトルごとの書誌データの作成を行なうとしている。なお、デジタル化する蔵書は著作権が切れており、東京大学に過去所属した教員の著作物を主な対象としていると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 飲料販売会社の導入事例から帳票電子化の生産性向上効果を考える 【ウイングアーク1st株式会社】 クラウド基盤に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン】
暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール 電子帳票システム その他ストレージ関連
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス 北陸コカ・コーラボトリングが電子帳票システムを大幅改修する4つの目的 ギフト券が当たる★クラウド基盤に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060453



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ