東陽テクニカ、業務モバイル端末向けサイバー攻撃対策ソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東陽テクニカ、業務モバイル端末向けサイバー攻撃対策ソフト発売


掲載日:2015/02/23


News

 株式会社東陽テクニカは、米国Zimperium,Inc.の業務用モバイル端末向けサイバー攻撃対策ソフト「zMTD」(Zimperium Mobile Threat Defense)を発売した。価格は1ライセンス年額1万2000円から。

 「zMTD」は、モバイル端末への攻撃トラフィック受信あるいはモバイル端末内部からの異常発信を検出し、即座に端末外部との通信を切断する機能を備えたセキュリティソフト。iOSまたはAndroidを搭載するスマートフォンなど、各種モバイル端末にインストールすることで、端末の通信を常にモニタし、様々なセキュリティ問題を検知できる。また、異常な通信やモバイル端末の振る舞いを検出し防御する仕組みを備えているため、いわゆる“ゼロデイ攻撃”にも対応している。


出荷日・発売日 発売済
価格 1ライセンス年額1万2000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IPS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

「IPS」関連の製品

新日鉄興和不動産がパッチ適用を効率化、サポート終了OSの延命措置も可能に 【トレンドマイクロ】 改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】 高精度なポリシーセットで容易な導入・運用を可能にする次世代IDS/IPSとは 【トレンドマイクロ株式会社】 最速0.001秒でWebサーバの改ざんを自動復旧できる具体的な方法とは? 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
IPS IPS IPS IPS
新日鉄興和不動産がパッチ適用を効率化、サポート終了OSの延命措置も可能に サイバー攻撃等によってサーバ内のプログラムやコンテンツを改ざんされても、改ざん発生と同時に検知、0.1秒未満で元の正常な状態に復元可能なセキュリティソフト。 高精度なポリシーセットで容易な導入・運用を可能にする次世代IDS/IPSとは 「事後対策が重要だ」と口で言うのは簡単だが、実際に対策を進める担当者にとっては大きな負担となる。効率的かつ効果的に事後対策に取り組む、現実的な手段はあるのか。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060447


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ