日立ソリューションズ東日本、プロジェクト管理の調整機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソリューションズ東日本、プロジェクト管理の調整機能を強化


掲載日:2015/02/19


News

 株式会社日立ソリューションズ東日本は、工程を一元管理できるプロジェクト管理統合プラットフォームに“アクティビティガントチャート機能”を追加した「SynViz S2(シンビズ エスツー)2.0」のオンプレミス版/SaaS版の提供を開始した。

 「SynViz S2」では、工程表の自動展開/編集、成果物登録など基本的なプロジェクト管理に加え、業務ポータルを搭載しプロジェクトに関連したデータを統合管理できる。また、Web環境での機能/操作性に配慮されているほか、コストや生産性などのプロジェクト管理指標の統合管理、APIの充実による容易なアドオン開発、既存システムや表計算データとの連携が可能。データの重複入力を削減でき、複数の工程管理ツールとも連携するなど、柔軟な運用を支援する。

 今回追加された“アクティビティガントチャート機能”は、プロジェクトスケジュールと、メンバーの作業スケジュール及び作業量を複数のプロジェクトで横断的に把握して調整できるため、メンバーの作業時間を確保できないことによる納期遅延やプロジェクトコストの増加を未然に防げる。各プロジェクトに存在する特定の作業と専門家を抽出した調整ができるため、作業に必要なメンバーの迅速な選定と、メンバーの作業量を考慮した上で納期遵守できるスケジュールの策定を、効率的に行なえる。

 例えば、建設業の設備施工業務における施工担当者の場合、各現場作業から抽出した作業一覧と、各担当者のスケジュール一覧を見比べながら、担当者の空き状況を調整することで、各担当者に適切な作業量の配分されたスケジュールを策定できる。また、製造業の設計業務におけるCAD設計作業の場合、複数プロジェクトから当該作業を抽出し、CAD設計者の空き状況と見比べながらスケジュールを調整できることで、メンバーの不足や作業の偏りなどの解消を支援する。仕様変更が突然発生した場合でも作業メンバーを迅速に確保できるなど、納期遅延のないスケジュール策定を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「プロジェクト管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクト管理」関連情報をランダムに表示しています。

「プロジェクト管理」関連の製品

Sciforma 7.0 「PPMソリューション」 【サイフォーマ】 PMBOK準拠プロジェクト管理「SI Object Browser PM」 【システムインテグレータ】
プロジェクト管理 プロジェクト管理
ポートフォリオレベル及びプロジェクトレベルで、スケジュール、リソース、コスト/予算の計画立案と実績の監視・コントロールや意思決定を支援するPPMツール。 ●脱EXCEL! プロジェクトの進捗、コスト、品質を見える化。
●プロジェクト管理を標準化。失敗プロジェクトをなくす。
●7年で130社以上の導入実績。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060408


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ