オープントーン、クラウド勤怠管理の新版で様々なシフトに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オープントーン、クラウド勤怠管理の新版で様々なシフトに対応


掲載日:2015/02/18


News

 株式会社オープントーンは、クラウド型勤怠管理システム「ICタイムリコーダー」に、日単位のシフト管理機能“スーパースケジュール”を搭載した新バージョン「Ver6.0」をリリースした。

 「ICタイムリコーダー」は、利用者1人あたり月額150円と低価格で、1時間程度で設定できるため、簡単に導入できる。

 「Ver6.0」で搭載される“スーパースケジュール”機能では、曜日ごとなどパターン化された勤務管理と日単位のシフト勤務管理のどちらの機能も同時に利用できる。人事異動や就業規則などの変更などがあってもマスタの変更が不要で、利便性の向上が図られている。

 直観的で簡単な管理画面が装備され、スケジュールを視覚的に判別できる。項目数の多い複雑な画面でも利用しやすいようExcelに似たスプレッドシートが採用され、シフトの作成やメンテナンスも簡単に利用できる。あらかじめ基本シフトを登録すると、自動的にシフトを作成できる。

 様々な勤務体系に対応できる。24時間365日稼働する職場でのシフト勤務や、早番/遅番など多数のシフト勤務、夜勤、月中で勤務パターン(シフトマスタ)が増える、多店舗にまたがる勤務、年に数回土曜日が出勤になる、特定の曜日だけ変則勤務、パート/アルバイトなど時給制での従業員が多いなどのケースを想定し、開発されている。

 事前事後にかかわらず管理画面から設定変更できるため、急な欠勤でのシフト変更にも対応できる。変更はブラウザから時間を問わず行なえ、即時反映されるため、勤務記録とあわせて管理できる。

 クラウドサービスなので、全ユーザが自動的に「Ver6.0」に移行する。今回のバージョンアップにともなう価格の改定はない。


出荷日・発売日 −−−
価格 1人あたり月額150円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

jinjer勤怠 【ネオキャリア】 就業管理システム「クロノス」 【クロノス】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 勤怠管理クラウド・SaaSサービス KING OF TIME(キングオブタイム) 【ヒューマンテクノロジーズ】 勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
マルチデバイス対応で、どこでも打刻・勤怠管理が可能。打刻方法のフレキシブルさ、出勤/シフト/申請管理のユーザビリティの高さから勤怠関連のパフォーマンス向上を実現。 勤務時間などの自動集計や給与ソフトに連動するデータの作成はもちろん、変形労働時間制やストレスチェックへの対応など様々なニーズにきめ細かく応える先進機能を搭載。 2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 サーバー不要で安心・便利なクラウド型勤怠管理システム。国内・海外の勤怠データをリアルタイムに一元管理でき、定期バージョンアップによる進化するシステム。 プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060388


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ