データセクション、「みるぞう」を買収

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


データセクション、「みるぞう」を買収


掲載日:2015/02/17


News

 データセクション株式会社は、ニフティ株式会社から「みるぞう」を買収したと発表した。

 「みるぞう」は、ニフティが提供していたソーシャルテレビサービス。Twitter上で書き込まれる放送局・番組固有のハッシュタグにより、ツイートを収集・表示することでいま何が盛り上がっているのかを把握できる。また、同じ番組を見ている人の投稿を見ることで、ほかの視聴者と共有しながらテレビを楽しむこともできる。今後、同サービスのシステムをベースにした新サービスの提供を行なう予定だという。

 今回の買収は、データセクションの既存事業である法人・事業者向けサービスに加えて、新たに消費者向けサービスの提供を目指すものだとしている。また、テレビ領域におけるソーシャルビッグデータ活用の推進及びそれにともなう関連データの活用を目的にしているという。具体的には、コンシューマー向けメディアの展開、テレビ分野に特化した分析ソリューションの提供、テレビ分野におけるコンサルティングビジネスの強化といった事業を想定している。

 そのほか、これらに付随した形での広告事業・メディア活用事業などの新規事業を推進していく予定で、同社では、今後も様々な領域におけるビッグデータビジネスを手掛けていくと述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 「機械学習=面倒」はもう古い、Azure ML活用ソリューションの便利度は 【日立システムズ+他】 QlikView 【クリックテック・ジャパン】 Qlik GeoAnalytics 【クリックテック・ジャパン株式会社】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】
ワークフロー データ分析ソリューション BI BI バックアップツール
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 機械学習によるデータ分析は用意が大変で、運用にコストがかかる。そんなイメージを変える「Azure Machine Learning」活用の新サービスが登場した。 購買明細の迅速な分析でコスト削減、NTTデータが実現した「戦略的調達」とは? デモ動画で分かる「地理空間分析」、マッピングによる情報分析の実践活用法 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060357



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ