SSTC、Core i7-5960X搭載のオーバークロック製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SSTC、Core i7-5960X搭載のオーバークロック製品を提供


掲載日:2015/02/13


News

 スケーラブルシステムズ株式会社(SSTC)は、Core i7-5960Xプロセッサ エクストリーム・エディションを搭載し、金融サービス業界や製造業へ優れた処理能力を提供する、カナダCIARA Technologies社の「ORION HF」(High Frequency:高頻度処理)サーバと「KRONOS」ワークステーションの提供を開始する。

 両製品では、同プロセッサが安定動作上限までオーバークロックされていて、8コアすべてが4.5GHzで動作する。メモリやI/Oの強化に加え、独自のハードウェアデザインや、ファームウェアのカスタマイズ/チューニングによって、性能向上が図られている。また、オーバークロックに対応した高信頼性冷却システムを標準装備しているほか、ビジネス用途での安定動作を前提としたシステム全体の検証が実施されている。開発元による3年間の製品保証も付帯している。

 メモリは最大64GB搭載できる。Windows 7/8/8.1、Windows Server 2008 R2/2012 R2、Red Hat Enterprise Linux、CentOSに対応している。また、「KRONOS」シリーズでは、NVIDIA Quadroグラフィックスカードが搭載されているほか、静音設計が施されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「PCサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PCサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「PCサーバ」関連の製品

デスクトップ仮想化のために選ばれたソリューション、その決め手は? 【レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ】 冗長性レベルも使い分け、理研産業がサーバ障害による業務停止をゼロにした秘訣 【日本ストラタステクノロジー】 CAE環境の仮想化で実現、社内リソースフル活用の環境構築に貢献したものとは? 【レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ】 OSを止めずに物理障害から自動復旧できる、99.999%の高可用性が必要になる理由 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 財務会計システムの刷新、そのために必要とされた新たなインフラの姿とは? 【レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ】
PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ
デスクトップ仮想化のために選ばれたソリューション、その決め手は? 冗長性レベルも使い分け、理研産業がサーバ障害による業務停止をゼロにした秘訣 CAE環境の仮想化で実現、社内リソースフル活用の環境構築に貢献したものとは? OSを止めずに物理障害から自動復旧できる、99.999%の高可用性が必要になる理由 財務会計システムの刷新、そのために必要とされた新たなインフラの姿とは?

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060316


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ