採用:クレスト、WingArc1st製品採用しオフコン環境をオープン化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:クレスト、WingArc1st製品採用しオフコン環境をオープン化


掲載日:2015/02/13


News

 ウイングアーク1st株式会社(WingArc1st)は、株式会社クレストが、BI・データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」と帳票基盤ソリューション「SVF」を組み合わせて、オフコン環境を段階的にオープン化したことを発表した。

 クレストは、鶏卵や豚肉の生産・製造・販売を主体事業とする企業。同社では、量販店に分析のためのデータを提供しているが、基幹システムであるオフコンに基となる情報が蓄積されているものの、DBは正規化されておらず、得意先マスタに帳合先(販売を仲介する業者)情報や取引先の店舗情報が混在している状況で、容易に抽出できる状況ではなかったという。そのため、帳合先別や取引先別の集計を行なうために業務部門が手作業でデータを加工する必要があったと述べている。

 一方で、DBを正規化するためには、オープン系の仕組みに切り替える必要があったが、オフコンが担っている業務は生命線である出荷業務であるため、システム停止が出荷業務に大きな影響を与えるリスクを抱えていたと伝えている。

 今回、同社ではオフコン自体のデータ構造やプログラムロジックは修正せず、オフコンの外側で正規化DBを作ることとし、「Dr.Sum EA」と「SVF」を採用したと述べている。

 現行データを「Dr.Sum EA」に移行する過程では、業務が必要とする項目とそうでない項目の仕分けなど、正規化DBの構築に向けた現状仕様の調査にも同ソリューションを活用したと伝えている。また、同ソリューションの導入後は、経営に対する営業報告業務の迅速化に加えて、営業個々人が手作業で作成していた取引先提出レポートの自動作成なども可能になったとしている。ほかにも、相場の状況チェックも現場で定量的に行なうことができるようになったと述べている。

 更に、オフコンの容量オーバーによる稼働停止が顕在化する前に、出荷伝票出力に必要な出荷指示データをオフコンからではなく、新しく構築したDBから取り出す方式へ移行し、出荷業務システムをオフコンの外側で再構築したと伝えている。この出荷業務システムの出荷指示帳票を出力する仕組みに「SVF」を採用したことにより、仮にオフコンが停止しても、一定期間、出荷業務を継続できる環境を構築したほか、60種類以上あった出荷指示帳票を5種類程度に標準化することが可能となったと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】
BI BI BI BI BI
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060305


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ