iiino、メールの安全性と利便性の向上を図る拡張サービスを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


iiino、メールの安全性と利便性の向上を図る拡張サービスを発表


掲載日:2015/02/12


News

 iiino Pte,Ltd.は、メールの安全性と利便性の向上を図れるメール拡張サービス「iiino」をリリースした。

 「iiino」の会員同士のメールのやりとりは、SMTPサーバを通さずに、すべてSSLで暗号化された経路を通して受信者に届けられるため、傍受のリスクを抑制できる。また、送信側があらかじめ指定したタイミングで受信側の受信ボックスからメールを削除できる。

 メールで会議を行なえる機能も搭載され、グループでメールを共有し、内容を編集したりコメントを追加できる。会議の内容が更新されても新規メールが増えることがない。また、フィッシング対策機能も用意されていて、なりすましメールのみをブロックし、正しい送信者からのメールを届けられる。

 メールサーバがIMAP対応であれば利用中のメールクライアント/メールサーバを変更せずに利用できる。ソフトウェアのインストールも不要。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 標的型攻撃対策・メール無害化ソリューション 【サイバーソリューションズ】 メール詐欺を中核とするサイバー攻撃、Office 365ユーザーをどうやって守るか 【日本プルーフポイント株式会社】 サイバーエージェントがメール誤送信対策で信頼獲得と営業力を強化できた理由 【クオリティア】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 標的型攻撃を阻止する新たな手法「インターネット分離」と「メールの無害化」。
セキュリティリスクを最小限に抑え、業務効率を損なわないメール無害化ソリューション。
メール詐欺を中核とするサイバー攻撃、Office 365ユーザーをどうやって守るか サイバーエージェントがメール誤送信対策で信頼獲得と営業力を強化できた理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060283


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ