Force Media、仮想化対応のラックマウント型ミッドレンジNAS出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Force Media、仮想化対応のラックマウント型ミッドレンジNAS出荷


掲載日:2015/02/10


News

 株式会社フォースメディア(Force Media)は、QNAP社のTurboNASシリーズの新機種で、ミッドレンジ向けラックマウントタイプNAS「TS-x53U」シリーズ4機種の出荷を2月下旬に開始する。

 「TS-x53U」シリーズは、クアッドコアCerelon(2.0GHz)プロセッサ、メモリは省電力タイプのDDR3 RAMを4GB(最大8GB)を搭載し、4ポートのGigabit Ethernetを備えている。また、SSDキャッシュにも対応し、ドライブベイにSSDを搭載することで読み込み性能を向上させられる。

 4ベイでシングル電源の「TS-453U」に加え、冗長化電源対応モデルで4ベイの「TS-453U-RP」、8ベイの「TS-853U-RP」、12ベイの「TS-1253U-RP」の3機種がラインアップされ、「TS-1253U-RP」では8TB HDDを搭載することで、最大容量を96TBに拡張できる。また、RAID拡張エンクロージャーにも対応し、12ベイまたは8ベイの拡張エンクロージャーを1台増設でき、最大192TBまで拡張できる。

 VMware vSphere 5.5/Citirix XenServerをサポートし、Microsoft Hyper-VとWindows Server 2012との互換性を備えるなど、主要な仮想化ソリューションに対応しているほか、各種プラグインを利用することで、仮想化アプリケーションとの相互運用に対応する。また、「Virtualization Station」アプリを利用することで、仮想化ホスト化でき、仮想化のアプライアンスサーバとして利用できるほか、標準装備のHDMIポートにディスプレイを接続し、USBポートにキーボードとマウスを接続することで、仮想環境をデスクトップPCのように使用できる“QvPCテクノロジー”に対応している。

 ファイルサーバ機能も備え、AppCenterでアプリを追加することで様々な機能拡張を行なえ、例えば、監視カメラ用のアプリケーション「Surveillance Station」を追加することで、NVR(ネットワークビデオレコーダ)として利用できるほか、互換性のあるIPカメラとともに使用することで、監視カメラ管理システムとして、リアルタイム監視・録画・再生などを行なえる。

 HDDとNASの互換性を保証した「HDD搭載モデル」が各機種ごとに用意されているほか、導入後の安定的な運用をサポートするオンサイト保守や先出しセンドバック保守(いずれも1年〜5年)を選択でき、24時間365日サービスにも対応している。


出荷日・発売日 2015年2月下旬 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 ファイルサーバのメンテが不要、スケールアウトNASの“常識破り”とは 【EMCジャパン】 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】
NAS NAS NAS NAS NAS
Webキャスト:SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 データが増えても運用の手間が増えず、ノード追加で容易に拡張できるスケールアウトNASに手頃な価格のパッケージが登場。ファイルサーバに最適な理由とは? 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060260


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ