採用:KCS、アリエルの情報共有基盤を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:KCS、アリエルの情報共有基盤を採用


掲載日:2015/02/10


News

 アリエル・ネットワーク株式会社(アリエル)は、兼松コミュニケーションズ株式会社(KCS)が情報共有基盤として、Webコラボレーションウェア「ArielAirOne Enterprise」(アリエル・エンタープライズ)を採用したと発表した。

 「アリエル・エンタープライズ」は、グループウェア・企業情報ポータル(EIP)と、事業やビジネスモデルに応じた企業独自のアプリケーション開発を可能とするフレームワークを提供し、拡張性・柔軟性に優れた情報共有環境の構築と、様々な情報のデータ連携とセキュリティによる集中管理を可能にするWebコラボレーションウェア。

 KCSは、大手通信事業者のパートナーとして、携帯電話、スマートフォンといった移動体通信機器の全国規模での営業店舗展開をベースに、モバイル&コミュニケーションの総合ビジネスを行なう企業。そのほかにも、携帯電話を利用した企業情報システムの提案やASPサービスの提供、海外での日系企業向けモバイル事業や異業種とのコラボレーションなども進めている。

 今回、同社は本部・店舗・パートナー間のコミュニケーションを促進し、盤石な販売体制を確立するため、情報共有基盤の見直しに着手した。その結果、同社ではアリエル・エンタープライズの様々な標準機能を組み合わせることで、迅速に改修や機能拡張を行なえる体制を整えていくという。

 具体的には、全社ポータルや部門別ポータルを構築し、営業情報や売上情報といった個人や部署内で蓄積されていた有益な情報を社内へ展開・活用することで、企業の競争力や従業員の仕事の質を高めていくという。また、役職や部署、営業拠点をまたいだ双方向のコミュニケーションを実現し、経営と現場の課題を摺り合わせ、全社的な企業意識の醸成に役立てると述べている。更に、同社は稟議や各種申請といったワークフローを時間や場所に限らず、スマートフォンやタブレットから確認・更新できる環境を整えていき、フローの停滞がある場合にも、承認や決裁を促すメールを自動で送信するなど、相手に気づかせる仕組みを多く取り入れることで、承認・決裁までのリードタイムの短縮を図り、結果として意思決定スピードの向上を期待していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】 MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】 ストレスチェック制度対応、年1回の実施でも無駄を出さない方法 【インフォグリーン】 働き方は変わりましたか? Office 365とモバイル活用の基礎講座 【日本マイクロソフト】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office on cybozu.com」 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量 会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。 無駄が多いストレスチェック義務への対応――意外な解決ツール 働き方は変わりましたか? Office 365とモバイル活用の基礎講座 45000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060248


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ