バッファロー、システム管理者不要のバックアップ専用HDDを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バッファロー、システム管理者不要のバックアップ専用HDDを出荷


掲載日:2015/02/09


News

 株式会社バッファローは、小規模オフィス向けのバックアップ専用LAN接続型HDD「イージーステーション for バックアップ BK441D」シリーズの出荷を2月中旬(予定)に開始する。

 「イージーステーション for バックアップ BK441D」シリーズは、難しい設定は不要で、ネットワークに接続することですぐに使い始められる。システム管理者を必要とせず簡単に導入でき、個人事業者や小規模オフィスへの導入に適している。

 オフィス内のPCのバックアップを簡単に一元管理できる。同一ネットワーク内にある複数のPCのデータを定期的に自動でバックアップする。付属のUSBメモリをPCに挿すことで、専用ソフト「BackupNavigator」のインストールからバックアップの設定までを行なえる。更に専用ソフトの操作で、保存されたバックアップデータの復旧も簡単に行なえる。

 バックアップデータは製品内の複数のドライブに2重保存されていて、重要なデータも安全に保存できる。1台のドライブが故障してもドライブを交換することで新しいドライブに再度2重保存される。容量8TBと4TBが用意されている。

 価格は、8TBの「BK441D0804」が10万3400円、4TBの「BK441D0404」が8万2700円。


出荷日・発売日 −−−
価格 BK441D0804:10万3400円、BK441D0404:8万2700円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋 【ベル・データ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060229


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ