東芝、損保ジャパン日本興亜にドライブレコーダを供給

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、損保ジャパン日本興亜にドライブレコーダを供給


掲載日:2015/02/09


News

 株式会社東芝は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(損保ジャパン日本興亜)が3月から開始する企業向け安全運転支援サービス“スマイリングロード”向けにドライブレコーダを供給すると発表した。

 “スマイリングロード”は、ビッグデータ解析やテレマティクス技術などを活用したサービスで、企業活動における継続的な安全運転の促進と事故予防への寄与を目指しているという。同サービスでは、IoT技術を活用したドライブレコーダにより車両の走行データを収集し、通信回線を経由してデータセンターに蓄積する。収集したデータを損保ジャパン日本興亜の独自のアルゴリズムにより分析して、企業の管理者のPCやドライバーのスマートフォンなどに安全運転診断結果や危険な運転操作などの情報をフィードバックする。

 東芝は、このサービスにおいてドライブレコーダの供給・保守・メンテナンスを担当する。ドライブレコーダは、GPS、加速度センサ、カメラ、3G通信機能を備えており、車両の走行データを取得・保存し、送信することでデータの解析を行なう。

 同社は、グループ内で保有する様々な事業領域の技術と連携したIoT製品・サービス展開に注力しており、今回のドライブレコーダ供給もその取り組みの1つとしている。今後、生体センシングや画像認識技術を活用した安全な運行管理を提供する技術とデータ解析によるサービスを創出し、新たなビジネスを進めていくと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

JINS快進撃の裏にあるデータ経営と、製造業のビッグデータ事例を見る 【東日本電信電話】 分析力強化をサポートするサービスがどんな場面で役に立つのか。 【新日鉄住金ソリューションズ株式会社】 Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】 ビーコンによる動線分析ソリューション Location Data Analyzer 【パナソニック ソリューションテクノロジー】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
JINS快進撃の裏にあるデータ経営と、製造業のビッグデータ事例を見る 「データサイエンティストが足りない」の大問題をどう乗り越える? ビッグデータ分析基盤の新主流 4つのケースから考える、Hadoop有効利用の方法 Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット 場所を選ばず簡単に設置可能な小型軽量のビーコンを用いて、人やモノなどの経営資源の位置情報や動きを「見える化」することで、業務効率アップや売上拡大を支援。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060218


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ