NTTソフトウェア、BI「Yellowfin」をクラウド型/定額で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、BI「Yellowfin」をクラウド型/定額で提供


掲載日:2015/02/05


News

 NTTソフトウェア株式会社は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上で、Yellowfin Japan株式会社のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールをクラウド型定額サービスとして提供する「InfoCabina Yellowfin Cloud」の提供を開始した。

 「InfoCabina Yellowfin Cloud」では、BIに求められるDWH(データウェアハウス)やETLなどを、AWS上で包括的に提供する。クラウド型なので、最低契約期間1ヵ月、構築期間1ヵ月からで導入できる。また、サービス利用中でも柔軟にサーバースペックやデータ容量を変更できるため、BIをスモールスタートで導入し、事業の成長にあわせて拡張したいユーザに適している。

 保守サポートが用意されているほか、初期サンプルのレポート作成やデータ連携、BI設計コンサル、利用者教育などのオプションプランが用意されていて、状況に応じて柔軟に導入できる。

 通常プラン(Amazon Relational Database Service:Amazon RDS用モデル)に加え、DWHにAmazon Redshiftを利用するプラン(Amazon Redshift用モデル)も提供され、大規模データ対応で高速処理を行なえるため、通信ログやWebアクセスログなどのビッグデータの分析も容易に行なえる。

 価格は、初期費用は無料で、「Amazon RDS用モデル」(BI:Yellowfin 5ユーザライセンス/DWH:Amazon RDS/ETL:DataSpider/保守サポートなど、最低利用期間1ヵ月)の月額利用料が19万7000円、「Amazon Redshift用モデル」(BI:Yellowfin 5ユーザライセンス/DWH:Amazon Redshift/ETL:DataSpider/保守サポート/運用監視など、最低利用期間6ヵ月)が同34万7000円で、両モデルとも必要スペック/データ容量に応じたプランが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】
BI BI BI BI BI
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。 “かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060171


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ