JM、HTML5やPoE+に対応したサイネージプレーヤーなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JM、HTML5やPoE+に対応したサイネージプレーヤーなどを出荷


掲載日:2015/02/02


News

 ジャパンマテリアル株式会社(JM)は、米国BrightSignが開発したデジタルサイネージ向けメディアプレーヤー「BrightSign」の新ラインアップの出荷を2月2日に開始する。価格はオープン価格。

 今回発売されるのは、「BrightSign LS」「BrightSign HD2」「BrightSign XD2」の各シリーズで、ビデオデコードが強化され、機能が追加されている。

 「BrightSign LS」シリーズは、店頭の商品説明など簡素なデジタルサイネージに適したローエンドシリーズで、様々な基本機能を備えている。オーディオのみに対応する「LS322」と、1080 30pビデオファイルに対応する「LS422」の2モデルがラインアップされている。

 「BrightSign HD2」シリーズは、廉価でパワフルなパフォーマンスを提供するスタンダードシリーズで、1つの1080 60pビデオファイルのデコーディングに対応する。ベーシックなインタラクティブ機能に対応した「HD222」と、USBやシリアル制御などのマルチインタラクティブ機能に対応した「HD1022」の2モデルがラインアップされている。また、再生中のプレゼンテーションを遠隔地からネットワーク経由で確認できる“リモート・スナップショット機能”を備えている。

 「BrightSign XD2」シリーズは、2つの1080 60pビデオファイルを同時にデコーディングできるビデオエンジンを搭載したハイエンドシリーズ。ベーシックなインタラクティブ機能に対応した「XD232」、USBやシリアル制御などのマルチインタラクティブ機能に対応した「XD1032」、HDMI入力にも対応した「XD1132」の3モデルがラインアップされている。リッチコンテンツの再生に最適化されたハイエンドHTML5機能を備えているほか、PoE+を利用した電力供給に対応している。“リモート・スナップショット機能”も備えている。


出荷日・発売日 2015年2月2日 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060115


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ