イデア、仮想デスクトップを活用した分散開発環境支援を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イデア、仮想デスクトップを活用した分散開発環境支援を提供


掲載日:2015/02/02


News

 イデア・コンサルティング株式会社(イデア)は、ソフトウェア開発者向けに、分散開発環境を支援するソリューション「iDEA Desktop Cloud forDeveloper Pack」の提供を開始した。

 「iDEA Desktop Cloud for Developer Pack」は、同社のクラウド型仮想デスクトップサービス「iDEA Desktop Cloud」に、ソフトウェア開発環境として利用するためのスペックと開発ツールなどを標準装備したクラウドサービス。

 分散した拠点でソフトウェアを開発する場合に、仮想デスクトップクラウドサービスを活用することで、OSやミドルウェア、開発ツールなどの各拠点の差異を解消し、クライアント/サーバーの開発環境を平準化できる。開発環境の維持管理作業やコストの削減に加え、開発プロジェクトの生産性向上なども図れる。急な要員の増減にも容易に対応できる。

 基本サービスは、仮想CPUが2、メモリが4/8/16GB、HDDが100GBで、それぞれ個々に追加できる。仮想デスクトップ実装方式はServer VDI(Windows Server 2008 R2または2012)、付属アプリケーションはOffice 2010または2013(32/64ビット版)とクラウド型エンドポイントセキュリティ「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013」。また、付属開発ツールは、Windows開発エディションではVisual Studio Professional 2013、Java開発エディションではEclipseで、これら以外についても相談に応じる。

 価格は、初期費用なし、月額費用が1ユーザあたり8700円からで、5ユーザ/1ヵ月から契約できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060113


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ