NEC、AWS上で稼働するSAP HANAの可用性向上を図る製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、AWS上で稼働するSAP HANAの可用性向上を図る製品を発売


掲載日:2015/02/02


News

 日本電気株式会社(NEC)は、クラウドコンピューティングサービス「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」上で稼働するインメモリDBソフト「SAP HANA」の可用性向上を図れるソリューションを発売した。

 今回発売されたソリューションは、同社の高可用性クラスタリングソフト「CLUSTERPRO」を活用していて、「SAP HANA」と「CLUSTERPRO」を連携させることでの可用性向上に関する検証成果を踏まえて提供される。「CLUSTERPRO」が、AWS上で稼働する「SAP HANA」に加え、バックアップ・監視を行なう運用・保守アプリケーションなど、システム全体の障害を自動的に検知し、待機サーバへの自動的な切り替え(フェイルオーバー)を行なえるため、業務停止時間の短縮を図れ、基幹業務システムに求められる高可用性と運用の効率化を図れる。

 高可用性クラスタリングソフトウェアの「CLUSTERPRO X for VM」に加え、「SAP HANA」環境への「CLUSTERPRO」導入時の機能説明とデモ紹介を行なう「導入診断」、「CLUSTERPRO」試用環境でのQA対応サービスの「検証支援」、「SAP HANA」環境への「CLUSTERPRO」導入・設定サービスの「導入支援」が用意されている。

 価格は、「CLUSTERPRO X for VM」が2VMで71万円、「導入診断」が3万円、「検証支援」が10万円(5日間、「CLUSTERPRO」試用環境は無償)、「導入支援」が個別見積。


出荷日・発売日 2015年1月30日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060106


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ