SEI、文書管理・情報共有システムの新版でセキュリティを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SEI、文書管理・情報共有システムの新版でセキュリティを強化


掲載日:2015/02/02


News

 住友電工情報システム株式会社(SEI)は、登録ファイルのセキュリティを強化し、ファイルの社外流出を防止できる文書管理・情報共有システムの新版「楽々Document Plus Ver.3.6」を発売した。パッケージライセンス価格は150万円から。

 「楽々Document Plus」は、企業内に分散して存在する文書やデータを閲覧・登録・保存・管理でき、必要な時に必要な情報を高度な検索で直ちに取り出せる。

 今回の新版では、文書に登録した添付ファイルのセキュリティが強化されている。ビューワ起動時とPDFファイルのダウンロード時に、各ページの右上や中央に“社外秘”といった透かし文字を挿入でき、機密性が高いファイルの社外流出や安易な印刷を抑制できる。また、ダウンロードした利用者のID、ダウンロード日時、文書番号などの文書の属性項目の値も挿入できる。

 PDFファイルにセキュリティ機能を付与でき、PDFファイルの開封時に、パスワードを求めるように設定できるほか、PDFファイルのダウンロードを禁止して、印刷を許可するといった設定も行なえるため、機密性の高いファイルも印刷できる。また、柔軟な権限設定を行なえ、添付ファイルの権限は他の権限と組み合わせて、ロールとして扱える。ロールはシステム共通のロールに加え、フォルダごとにも独自のロールを作成できるため、フォルダごとの柔軟なセキュリティ設定を行なえる。

 未読文書を一覧で表示できるため、公開文書から、利用者が未閲覧の文書を表示でき、確認漏れをチェックできるほか、パラメータを設定することで、新着文書だけに絞り込むこともできる。また、システムの全フォルダで利用できる“共通ロール”を作成でき、システム全体で権限の設定変更を行なう場合には、作成した共通ロールの設定を変更することで全フォルダに反映できる。


出荷日・発売日 2015年2月1日 発売
価格 パッケージライセンス価格:150万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060093


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ