採用:アストラゼネカ、Boxを採用しクラウド上で情報共有

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アストラゼネカ、Boxを採用しクラウド上で情報共有


掲載日:2015/01/30


News

 米Box Inc.は、アストラゼネカが100ヵ国以上の5万1000名の従業員向けに、Boxのクラウドコンテンツ共有・コラボレーションプラットフォームを導入することを発表した。

 Boxは、コンテンツコラボレーション向けエンタープライズソフトウェアプラットフォームを提供し、様々な業種、規模の企業がクラウド上で重要な情報に安全にアクセスし、管理するための支援を行なう企業。

 アストラゼネカは、グローバルなバイオ・医薬品企業。今回、同社は全社規模及び社外の関係者との安全なコラボレーションと、モバイルからの情報へのアクセスを可能にするため、Boxを選択したと伝えている。

 なお、同社はBoxユーザのための新技術開発と継続したサービス向上を目指して設置されたBoxの顧客アドバイザリーボードに参加することも決定したと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】 事例で検証! Office 365 は頻繁な組織変更にも対応できるか? 【ソフトバンク・テクノロジー/日本マイクロソフト】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。 組織変更に強いOffice 365 実際はどうだったのか活用事例を追う サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060084


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ