採用:アストラゼネカ、Boxを採用しクラウド上で情報共有

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アストラゼネカ、Boxを採用しクラウド上で情報共有


掲載日:2015/01/30


News

 米Box Inc.は、アストラゼネカが100ヵ国以上の5万1000名の従業員向けに、Boxのクラウドコンテンツ共有・コラボレーションプラットフォームを導入することを発表した。

 Boxは、コンテンツコラボレーション向けエンタープライズソフトウェアプラットフォームを提供し、様々な業種、規模の企業がクラウド上で重要な情報に安全にアクセスし、管理するための支援を行なう企業。

 アストラゼネカは、グローバルなバイオ・医薬品企業。今回、同社は全社規模及び社外の関係者との安全なコラボレーションと、モバイルからの情報へのアクセスを可能にするため、Boxを選択したと伝えている。

 なお、同社はBoxユーザのための新技術開発と継続したサービス向上を目指して設置されたBoxの顧客アドバイザリーボードに参加することも決定したと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦 【KDDI】 元セキュリティ技術者の弁護士がチャットに求めた厳しい条件 【KDDI】 「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 Knowledge Suite(ナレッジスイート) 【ナレッジスイート】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
NotesからOffice 365への移行 ガリガリ君の赤城乳業はどう乗り越えた? セキュリティのプロが認めたIMツール、その厳しい導入条件とは? 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。 グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザ数無制限、スマートフォンやタブレット等マルチデバイス対応。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060084


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ