K-engine、リフォーム営業支援クラウドサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


K-engine、リフォーム営業支援クラウドサービスを提供


掲載日:2015/01/29


News

 株式会社K-engineは、住宅建築会社やリフォーム会社の“見える”リフォーム提案営業を支援するクラウドサービス「K-engine リフォーム アクセル」の提供を開始した。価格は1ID月額5000円から。

 「K-engine リフォーム アクセル」は、インターネットに接続したiPadまたはPCで動作する。リアルタイムで3Dリフォームを提案でき、施主向けの見積金額・仕様の明細を即座に見える化できる。施主に対面で提案できる3Dリフォームイメージを、K-engineのクラウドを通じてiPadまたはPCで共有できる双方向コミュニケーション性を備え、双方向のインスタントメッセージで、リフォーム提案をフォローアップできる。

 リアルタイムでAR(拡張現実)を利用したリフォーム提案を行なえ、施主の部屋の空間にリフォーム建材を仮想配置することで、リフォーム完成イメージを即座に見える化できる(1月28日現在、iPadのみ)。また、リフォーム工事全体の料金を、割賦での支払い(リフォームローン)の目安を即座に見える化でき、工事発注までの時間短縮を図れる。

 立命館大学映像学部教授のサイトウ・アキヒロ氏の監修で、同氏が提唱する“ゲームニクス理論(直観的なインターフェース、マニュアル不要の操作理解など)”を参考に、企画・設計・開発が行なわれている。これにより、サービス利用者は、使用方法を迅速に理解でき、直観的に操作できるため、日常のリフォーム提案営業に活用できる。

 また同社は、事務所と外出先でもシームレスに活用するために、住宅建築・リフォーム業界に特化したMVNO(Mobile Virtual Network Operator)サービスを提供している。例えば「K-engineリフォーム アクセル」に3500円をプラスすることで、「iPad Air 2 Wi-Fi + Cellularモデル」(1月28日現在)を手軽に利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1ID月額5000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーション Knowledge Suite 【ナレッジスイート】 見込み客を見つける鑑定眼を営業スタッフが持つために役立つSFA 【株式会社ジャストシステム】 グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点 【セールスフォース・ドットコム】 初アポから受注まで、SFAで生産性を高める“1つ上”のノウハウ 【株式会社ジャストシステム】 いま一度、SFAやBI導入の前に社内の営業担当者に目を向ける必要がある理由 【コニカミノルタジャパン】
SFA SFA SFA SFA SFA
グループウェア、SFA、CRMが機能連携したクラウド型統合ビジネスアプリケーション。初期費用無料、ユーザー数無制限、スマートフォンやタブレット等のマルチデバイス対応。 確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点 初アポから受注まで、SFAで生産性を高める“1つ上”のノウハウ SFAで営業最適化――。その前に担当者個人のスキル伸長をないがしろにしてはいないだろうか。AIに業務が奪われる前に“人間にしかできない営業スキル”を手に入れるには。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060061


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ