採用:福島工業、アリエルの情報共有基盤を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:福島工業、アリエルの情報共有基盤を採用


掲載日:2015/01/29


News

 アリエル・ネットワーク株式会社(アリエル)は、福島工業株式会社が情報共有基盤として、Webコラボレーションウェア「ArielAirOne Enterprise」(アリエル・エンタープライズ)を採用したと発表した。

 「アリエル・エンタープライズ」は、グループウェア・企業情報ポータル(EIP)と、事業やビジネスモデルに応じた企業独自のアプリケーション開発を可能とするフレームワークを提供し、情報共有環境の構築と、様々な情報のデータ連携とセキュリティによる集中管理を可能にするWebコラボレーションウェア。

 福島工業は、飲食店の厨房などで主に利用される業務用冷凍冷蔵庫や、スーパーの売場で生鮮食品などを陳列する冷凍・冷蔵ショーケースなどを提供している冷凍冷蔵設備の総合メーカー。同社では情報共有システムを利用する中で、画面表示の素早いレスポンスや、情報の検索性向上、グループ会社間でのスムーズなシステム利用が求められており、今回新しい情報共有基盤の検討に着手したという。

 その結果、福島工業では、数万名規模での利用が可能なスケーラビリティを備えている点、グループ会社を統合した運用が可能である点、業務に求められる情報を集約可能なポータル画面を自由につくることができる点、そして企業独自のカスタムアプリケーションをノンプログラミングで開発が可能なプラットフォームとして活用できる点を評価し、「アリエル・エンタープライズ」を採用したと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

識者に生産性を向上させる「Office 365」の利用のコツを聞いた。 【ヴイエムウェア株式会社】 モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築 【イージフ】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】 「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
「Office 365」をスマートに活用するためのクライアント環境整備の“コツ” モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060050


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ