サードウェア、クラスタ管理ソフトウェアのサポート対象を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェア、クラスタ管理ソフトウェアのサポート対象を追加


掲載日:2015/01/28


News

 株式会社サードウェアは、Linux用クラスタ管理ソフトウェア「DRBD/Heartbeat/Corosync」のサポート対象に“Docker”を追加し、1月26日にサポートを開始したことを発表した。

 “Docker”は、様々なアプリケーションを効率的に配備して動作させることができるコンテナ型技術。サードウェアは、同技術の採用は商用環境ではデータ冗長性の担保、ダウンタイム最小化が課題だとしている。この課題は共有ストレージを利用することで解決できるものの、スペース、電源効率などを加味した場合、高コストになりやすいなどの課題があると伝えている。また、共有ストレージを用いずに同技術を商用環境で利用できるよう、クラスタリングソフトを利用したいという要望が挙がっていたと述べている。

 LINBITクラスタスタックは50種類以上のアプリケーションの可用化をサポートしているが、今回、同技術の可用化のためのリソースエージェントの評価・検証を完了し、正式にサポートすることとなったと伝えている。

 同ソリューションを用いることで本番環境での同技術によるサービス提供のサービスレベルを引き上げらるほか、高速半導体ストレージなどとの組み合わせにより、少ないサーバーリソースで様々なコンテナを運用することが可能になり、クラウド/オンプレミスにおいて効果的・コスト効率に優れた方法によって、商用環境で運用することを可能にできると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20060030



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ