デル、ワークスタイル変革図れるセキュリティスイート製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、ワークスタイル変革図れるセキュリティスイート製品を発表


掲載日:2015/01/23


News

 デル株式会社は、“ワークスタイル変革”を安全に行なうためのセキュリティスイート製品「デル データプロテクション(DDP)」を発表した。

 「DDP」は、モバイル化を安全にサポートするため、「デル データプロテクション エンクリプション(DDP|E: DDP Encryption)」「デル データプロテクション セキュリティツール(DDP|ST: DDP Security Tools)」「デル データプロテクション プロテクテッドワークスペース(DDP|PW: DDP Protected Workspace)」という3つの信頼性に優れた保護機能を備えたセキュリティのスイート製品。

 「DDP|E」は、データの暗号化を行なえ、データを保護する。8つのエディションが用意されていて、「Enterprise Edition」は、データ中心型暗号化を行なえ、WindowsやMac向けに中央で管理されたPCのデータを中心とする暗号化(外部メディアエディションを含む)を行なえる。「Personal Edition」は、データ中心型暗号化を行なえ、ソフトウェアのローカルでの管理(External Media Editionを含む)を行なえる。

 「External Media Edition」は、外付メディアデバイスを暗号化でき、暗号化ポリシーを設定できるほか、全ポートを一括で無効化できる。「BitLocker Manager」は、包括的な保護、監査、コンプライアンスに対応するMicrosoft BitLockerの管理を簡略化できる。

 「自己暗号化HDDサポート」は、自己暗号化HDDの中央管理とサポートを統合できる(Windows 7のみ対応)。「ハードウェア・アクセラレーター」は、大量のデータの暗号化も行なえるFIPS 140-2,レベル3認定(Windows 7のみ対応)を受けている。

 「Mobile Edition」は、モバイルデバイス(Android、iOS)の暗号化と管理機能を備えている。「Cloud Edition」は、エンドユーザファイルをパブリッククラウド内で暗号化し、キーやアクセス権のあるユーザのコントロールをユーザが保管できる。

 「DDP|ST」は、安全で高度なユーザ認証を行なえる。ControlVaultセキュリティチップを利用して、様々な認証データを独立したセキュリティチップ内で保護し、承認されたユーザだけにデータアクセスを許可できる。また、「DDP|PW」は、マルウェアの検知や防御を行なえ、日常的な標的型攻撃の脅威からユーザとデータをプロアクティブに保護する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059964


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ