iPC、位置情報システム開発キット新版で地図デザインなどを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


iPC、位置情報システム開発キット新版で地図デザインなどを拡充


掲載日:2015/01/23


News

 インクリメントP株式会社(iPC)は、位置情報システム開発キット「MapDK5」で、新しい地図デザインの追加やユーザオブジェクト存在判定機能の拡充などを行なった新バージョン「Ver.5.9.0」の提供を開始した。

 「MapDK5」は、同社のデジタル地図/ルート検索エンジンを搭載している。新しい日本全国地図データを利用して、配車/運行管理システムや物流システム、施設管理や商圏分析などの開発に活用できる。

 今回の新バージョンでは、地図配色のパターンファイルとして、新しくオリジナルデザインの2種類が収録された。パターンファイルを読み込むことで、新しい地図デザインを利用できる。また、従来の、円による範囲指定での存在判定に加え、任意のポリゴン形状を検索範囲とするユーザオブジェクト存在判定機能が追加された。

 動作/開発環境としてWindows 8.1(無印)/Pro/Enterpriseに、開発環境としてVisual Studio 2013に対応した。また、住所逆引き機能で取得した住所名称を、都道府県/市区町村/町丁目の住所要素に分解する機能が追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 法人向けスマートデバイスアプリ開発プラットフォーム「seap」 【ソフトバンク コマース&サービス】 簡単なマウス操作でAPI作成、アプリケーション開発を加速するツール活用法 【CA Technologies】 複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 ラーニング、アンケート、カタログ、ファイル共有などのビジネスでニーズの高いアプリを短期間でカンタンに導入可能。セキュリティ機能や運用管理機能も充実。 簡単なマウス操作でAPI作成、アプリケーション開発を加速するツール活用法 複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059961


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ