グレープシティ、Web業務アプリに適したUI製品をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


グレープシティ、Web業務アプリに適したUI製品をリリース


掲載日:2015/01/22


News

 グレープシティ株式会社は、Web業務アプリケーションに適したUIを提供するJavaScript製品「Wijmo 5」をリリースした。

 「Wijmo 5」は、“ECMAScript 5”規格に準拠したJavaScriptコントロール。JavaScriptアプリケーションフレームワーク「AngularJS」に対応していて、すべてのコントロールで同フレームワークのカスタムディレクティブが含まれるほか、25種類以上のサンプルも提供され、同フレームワークと組み合わせて開発するのに適している。SPA(Single Page Application)アーキテクチャを採用してデスクトップアプリケーションのような操作性を実現するWeb業務アプリケーションを開発できる。

 同製品のコントロールはTypeScriptで開発されていて、ソースファイル(.ts)と型定義ファイル(.d.ts)が収録されているため、TypeScriptでの開発にも適している。同製品のコントロールを拡張してカスタムコントロールを作成することもできる。

 グリッドコンポーネント「FlexGrid」のJavaScriptバージョンが収録され、非連結グリッドの作成や、セルの描画とマージ、ツリービュー、Excelのようなグリッドなど、様々な表示が可能になっている。また、モバイルブラウザやタッチデバイスにも配慮されていて、すべてのコントロールでレスポンシブレイアウトやタッチ操作に対応している。

 他ライブラリとの依存関係がないため、余分な読み込みをせずに、利用するコントロールのライブラリのみを参照して動作する。また、各コントロールのファイルサイズは軽量で、パフォーマンスの高速化を図れる。

 定額制のサブスクリプション方式で販売され、価格は1ユーザライセンスの初回費用が5万9400円、1年単位の更新費用が2万3760円(いずれも税込)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

FileMaker プラットフォーム 【ソフトバンク コマース&サービス】 法人向けスマートデバイスアプリ開発プラットフォーム「seap」 【ソフトバンク コマース&サービス】 自主開発アプリでiPad活用。生産性が向上、武蔵野が選んだ高速開発の手法とは? 【ファイルメーカー】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 時間も費用もかかるシステム化を内製で解決、高速開発ツール活用・8つの事例 【ファイルメーカー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
PCやモバイルに対応した業務アプリケーションを、プログラミング不要で作成することができるツール。企業の業務効率化に大きく貢献する。 ラーニング、アンケート、カタログ、ファイル共有などのビジネスでニーズの高いアプリを短期間でカンタンに導入可能。セキュリティ機能や運用管理機能も充実。 自主開発アプリでiPad活用。生産性が向上、武蔵野が選んだ高速開発の手法とは? データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 時間も費用もかかるシステム化を内製で解決、高速開発ツール活用・8つの事例

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059930


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ