TKC、11市町による番号対応のためのシステム研究会の運営を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TKC、11市町による番号対応のためのシステム研究会の運営を支援


掲載日:2015/01/21


News

 株式会社TKCは、栃木県、茨城県、埼玉県、大阪府、和歌山県の11市町と“社会保障・税番号制度対応システム研究会”を発足し、1月28日に初会合を開くと発表した。

 “社会保障・税番号制度”では、10月に番号の付番・通知が行なわれ、2016年1月から個人番号カードの交付・マイナンバーなどの利用が開始されると伝えている。また、2017年1月からマイポータルの運用開始が、更に同年7月からは市区町村など行政機関間での情報連携も予定されているという。

 “社会保障・税番号制度対応システム研究会”は、同制度により市区町村の業務フローが変更となることから、“住民情報”“税”“社会保障”のテーマごとに11市町の実務担当者及び情報システム担当者が集まり、制度・技術の両面から“理想的な業務フロー”や“それを支援するクラウドサービス”などについて検討することを目的として開催されるものだという。また、同制度の導入後を見据えて“番号制度を活用した新たな住民サービス”や“業務改善”の共同研究にも取り組む計画だとしている。

 検討にあたってはテーマが多岐にわたることから、研究会本会のほか関係課の担当者で構成される3つの分科会(住基分科会、税務分科会、社会保障分科会)を設置するほか、遠方の団体も参加しやすいようテレビ会議の活用などを予定していると伝えている。活動期間は2016年3月末までで、検討内容及び研究成果については随時、情報発信すると述べている。

 なお、TKCは事務局として会場の提供や資料作成など研究会の運営を支援するほか、研究成果をもとに「新世代TSASKクラウド(番号制度対応版)」と関連システムの機能強化を進めると伝えている。

 参加メンバーは、栃木県の鹿沼市、日光市、大田原市、矢板市、茨城県の筑西市、那珂市、埼玉県の鶴ヶ島市、ふじみ野市、三芳町、大阪府の四條畷市、和歌山県の海南市で、オブザーバーは栃木県が担当する。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは 【ネットワールド】 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 【ビッグローブ】 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” 【ビッグローブ株式会社】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】
DevOps IaaS/PaaS IaaS/PaaS 垂直統合型システム 垂直統合型システム
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入はどこまで容易になるのか? ITも競われる国際ヨットレース、勝利の鍵を握るハイパーコンバージド製品は?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20059904



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ